珈琲三杯|思索のための思索

限界フリーターが毎日の思索を書き綴る。手帖の代わり、或いはゴミ箱。

脳から始める思索屋生活についての覚書|愉しみ、或いは励ましとしての思索

「葉」っぱ1枚あればいい

かの有名なコナミの野球ゲーム『パワプロクンポケット』に、「かつて主人公の彼女候補だった女の子が脳髄だけの状態になって培養液に浸され大きなガラス管の中でぷかぷか浮かびながら永遠に生かされるEND」が存在することはきっと諸兄もご存知であろう。永遠に生きることは勘弁願いたいところだが、仮にいつか(なるべく人間の寿命の範囲で)死を与えられる保証があり、かつ定期的に岩波文庫のテキストデータを脳に流し込んでくれるのなら、脳髄だけで生きるのは個人的に全然アリだ。煩わしい身体を捨てて、脳みそだけになりたい。思考する部分だけあればいい。前頭葉だけあればいい。葉っぱ1枚あればいいってはっぱ隊も言ってる。前頭葉1枚じゃ息を吸えないし息を吐けないけど、生きているからLUCKYってことで。……これは生きていると言えるのか?

 

ゆっくりしていってね

前頭葉だけは流石にミニマリズムが過ぎるにしても、ゆっくりみたいに頭だけでぴょんぴょん生きるのも魅力がある。頭しかないのでどこへも行けないだろうけど、私にとってはどこへも行けないのは却って好都合だ。医者や研究者に色々なデータを提供してやる代わりに、こちらが望む飲食物(どうやって消化するんだろう)と書物と爆速Wi-Fi付きハイスペックPCは与えて欲しい。頭だけなので広い部屋はいらない。人が頭だけで生きられるようになる頃には、書物を前に「ひらけゴマ」と念ずるだけでページが勝手に開く技術くらい朝飯前だろうし、「上にスクロール」とか「そこで左クリック」とか考えるだけでPCを操作出来る技術の開発くらいお茶の子さいさいだろう。世の中にはこのように、働きたくないし、遊びたくないし、歩きたくないし、座りたくないし、作りたくないし、壊したくないなどと言って、ただただ考えるための素材と考えるための器官だけで一生を過ごしたいタイプの人間もいるのだ。どうして私は饅頭に生まれてこなかったのかな。

 

ダイソーの220円イヤホンにコスパ最高なやつがあって私はそれを2~3ヶ月ごとに買い替えながら数年間ずっと愛用しておりまして結果的にそれ普通のイヤホンと金額変わらないじゃんって話になるんですが私が高いイヤホンを買わない理由はイヤホンをすぐに失くすからです

私は社会的レベルとしてはまごうことなき底辺だが、底辺なら底辺なりに、せめて考える底辺でありたいと思う。理性があり、慎みがあり、分別のある底辺でありたいと思う。それは「私は底辺だけどダイソーの110円イヤホンではなくドンキの550円イヤホンを買う」と周囲にアピールするくらいの、周りから見れば「いやAmazonSONYのイヤホン買えよ」と言いたくなるくらいの、本当にしょーもないプライドである。しかしこのしょーもないプライドのために、私は身の丈に合わない難しい本を読んで、日々あれやこれやと思索する必要があるのだ。考えることさえ出来ない人間にならないように。立派な肉体や財産を持っていながら一切思慮分別のない人間より、肉体や財産に不足があっても思慮分別のしっかりした人間になりたい。頭だけでぽいんぽいん跳ねてその度に指さされて笑われようとも、或いはガラス管の中に浮かぶちっぽけな脳味噌に成り下がろうとも、思慮分別だけは決して手放さないように。まあ放す手が無いんですけどね。

 

隣のハンバーグはうまい

私はもうだいぶ今の生活に嫌気が差しているのでこんな風に「頭だけになりたい」とか「脳だけになりたい」とか言っているのだが、人としてのあらゆる身体由来の可能性(体があるので歩くことが出来る→歩くことが出来るので市場に買い物に行ける→市場に買い物に行けるので良い野菜を買うことが出来る→良い野菜を買うことが出来るのでおいしいサラダを作って食べることが出来る、みたいな)を代償として躊躇いなく差し出せるほど、辛いことに囲まれて生きているらしい。ただその辛いことから薄い膜1枚隔てた向こう側に楽しいことが沢山あって、膜を通して楽しいことの香りがこちらに絶え間なく流れ込んでくるから、隣の家から漂うハンバーグの香りを嗅ぎながら下水溝の泥を食べるような生活を止められないのである。人生、生き長らえるには辛いことが多すぎるし、死に急ぐには楽しいことが多すぎる。生きようと思ったら辛いことが邪魔をしてくるし、死のうと思ったら楽しいことが邪魔をしてくる。幸せに生きることは実に難しい。持てる人間でさえそうなのだから、持たざる人間なら尚更だ。バイQ。

 

 

f:id:shirokuro_044:20200722132959p:plain