珈琲三杯|思索のための思索

限界フリーターが毎日の思索を書き綴る。手帖の代わり、或いはゴミ箱。

いらっしゃいませ―ありがとうございました―どういたしましてについての覚書|接客業10年目を迎えるいらっしゃいませbotの哀愁

はーい2人組作って

「ありがとうございました」とペアを組むべき相手は「どういたしまして」なのか、それとも「いらっしゃいませ」なのか。一体何を言っているんだという感じだが、私も分からない。「ありがとうございました」のペア候補としては他にも「よろしくお願いします」や「とんでもない」など様々な言葉が考えられるが、前の2人に比べるとどれも今ひとつパッとしない。「ありがとうございました―どういたしまして」のペアは、人の好意、愛情、秩序、道徳、平和、そういった面においての最強タッグである。一方で「いらっしゃいませ―ありがとうございました」のペアは、人の生活、文明、経済、労働、義務、形式、そういった面においての最強タッグである。うーん、優劣つけ難いな。前者が「対になる2人」だとするならば、後者は「1人で対をなす」のだ。どちらのキャラクター設定が好みかと言われれば、私的には前者だけどなあ。

 

まあそれはそれとして

現実って大体こんな感じだよね

f:id:shirokuro_044:20210511081319p:plain

 

あいあとーございました

私は初めてのバイトから今まで接客業しかやってこなかったせいか、「ありがとうございました」が上手く発音できなくなった。日常会話だったり文章を読み上げたりする際は全く問題ないのだが、実際に接客するとどうしても「あいあとーございました」になってしまう。正しい発音を意識しようとすればするほど酷い噛み方をしてしまうので、もう最近では「あいあとーございました」に甘んじている。言いすぎて言えなくなるというのはなかなか厄介だがある意味おもしろい。まあ、「ございました」とそのあとに続く「またお越しくださいませ」がちゃんと言えてるだけいいのかな。よく行くコンビニに長年いる元気なお兄さんなんか、「あっしゃー!っせー!」だもん。「またお越しくださいませ」が超圧縮されて「っせー」になっている、しかしそれでいてなんとなく聞き取れてしまうのはある意味すごい。

 

買うは易く売るは難し

それにしても、ふふふ、現代人とはまこと、いらっしゃいませbotであることよなあ。私は現代人の経済活動をおままごとのスケールがクソデカくなったものくらいにしか思っていないので、あちらこちらでいらっしゃいませいらっしゃいませという人間の鳴き声を聞くたびに、ちょっと微笑ましくなってしまう。仕入れや棚卸などの面倒な概念がなく、売れようが売れまいが売り手の生活にはなんら影響がなく、何より接客のストレスが皆無であるぶんだけ、お店やさんごっこの方が我々の経済生活よりも遥かに先を進んでいるんだもの。それに、お店やさんごっこは買い手よりもむしろ売り手の方が楽しんでいる場合が多い。現実のお店やさんの場合、楽しみの総量のうち95%くらいは買い手側が独占している。オイオイもう少し売り手にも楽しみを分けてくれよ。人は生きるのに欠かせない物品の獲得にさえ楽しみを見出したい生き物なのだな。物品の獲得に効率と秩序のみを求めるならば、それこそ申告制・支給制でいいものな。

 

かつてモブキャラクターの台詞全てが「イラッシャイマセー」で再生されるという特大バグをやらかしたゲームがあってな

そろそろコンビニは客の入店と退店をセンサーで正確に感知して「いらっしゃいませ」と「ありがとうございました」を言ってくれる機械を導入しませんか?声はさとうささらがいいと思います。人工音声ソフトの有名どころの中ではさとうささらが1番「いらっしゃいませ」と「ありがとうございました」に向いている声質だと思います。そうなるとCevioを開発・販売している会社が儲かりますね。Cevioを開発・販売している会社が儲かるとどうなると思いますか?あのタカハシが歌えるようになり、さらにZ軸の概念が彼にプレゼントされることでしょう。

 

 

f:id:shirokuro_044:20210512112536p:plain

他人の悪事で体調を崩す一筆箋|脳天と心臓と胃と血管に穴あいてそう

先週核爆弾級に腹立たしい出来事がありその影響で未だに体調が優れないので1回やすみ

自分からコソコソ卑怯なことしといていざ怒られるとこの世の終わりのように狼狽する人本当にダサい

 

 

f:id:shirokuro_044:20210511070632p:plain

悪魔にどつかれ今日もいちにち笑顔を振り撒く覚書|天使憑きの天才、悪魔憑きの凡才

ネコチャン

いろんな意味で人慣れしている野良猫が「なんやこいつ……」みたいな目でこっちを見てくるのは最高だなあ。こちらの熱視線をものともせず、不愉快な異物を見るような眼差しで応えてくるその様、あたかも全力で放った渾身のストレートを背中向けて打ち返されるが如く。メジャーwiiパーフェクトクローザーかな。いや実際、不愉快な異物なんですけども。そうか、ふわふわの毛玉であれば愛想がなくても無問題なんだ。毛玉はカワイイのが仕事だから。遥か昔にふわふわの毛を脱ぎ去って、その上僅かに残った産毛さえもあの手この手で毟り取ろうと日々躍起になっている人間に、その権利はあるのだろうか。

 

ヒトチャン

どうも、愛想だけはあると自負している人間です。愛想しかない人間です。どうも。愛想があれば何でも出来る。いや何でもは出来ないな。大体出来る。私はそうやって、「コイツ全然役に立たないし面白くないもけど愛想だけはうまいこと繕ってるから無下に扱うとこっちが悪者になってしまうなあ」という人間の良心の弱点を突いて、どうにかこうにか人の世を綱渡りしてきたのである。綱渡り三種の神器:「挨拶」「感心を表すリアクション」「素直な謝罪」。これさえあればなんとかなるだろうて。「挨拶」については説明不要だろう。「感心を表すリアクション」、例えば「へえ~!」「そうなんですね!」「なるほど~!」「たしかに~!」など。気の利いた台詞なんかなくたって、手持ちにこれくらいのカードがあれば十分だ。「素直な謝罪」。これは使いすぎると軽薄で口だけの印象になってしまうので難しいところだが、必要があれば「以後気をつけます」「ご指導ありがとうございます」など場面によっては少し大げさな台詞で補強しておくことがミソだな。無駄に説明ぶってしまったが、大抵の社会的人間はこれらのことを程度の差こそあれ無意識にやってるわけだ。すごーい。みんな愛想の才能があるんだね。褒めるほどの才でもないようだけどね。

 

人生はギャルゲー

私が無愛想をやらない理由は1つしかない。怖いからである。無愛想をやることのメリットがほぼないにも関わらず、デメリットがあまりにも多すぎる。目に見えて好かれなくともよいが、目に見えて嫌われることだけは勘弁願いたい。私にとって無愛想をやらないことは、ギャルゲーの攻略サイトを見ながら地雷選択肢を丁寧かつ確実に避けるようなもので、愛想をやることは、ギャルゲーの攻略サイトを見ながら好感度が上がる選択肢を丁寧かつ確実に選択するようなものなのである。答えは、そこに見えている。何故なら、信頼と実績の攻略サイトがあるから。「無愛想をやれば人に嫌われ、愛想をやれば人に好かれる(かもしれない)」という、人類の先輩方が培った安心安全の攻略法に従いさえすれば、まずバッドエンドルートに突入することはありえないのだ。たぶん。

 

凡人は天才の為すを成すこと能わず、逆も然り

安心安全の攻略法が万民に等しく公開されているにも関わらず、そこで敢えて正統派の攻略法を取らずに独自のルートを突っ走っている人のことを、私は天才か何かだと思っている。天才とは、いつだって孤高で孤独で理解されないものだ。そうだろう。ここに無愛想な人がいたとして、彼ないし彼女ないし[その他の三人称]が、果たして己の意思で無愛想をやっているのか、それとも本当はやりたくないのに無愛想をやっているのか、それは外見だけでは分からない。ここでひとつ、無神経な言い方をしてみようと思う。「おはようございます(ニコ)」から得られるメリットとデメリット、「…………」から得られるメリットとデメリット、両者を天秤にかけて、彼らは何故に後者を取ってしまうのか。彼らは、怖くないのだろうか。私は怖い。後者を選ぶなんてとんでもない。怖くて怖くて仕方がない。何かの罰ゲームとかドッキリの仕掛け役でもなければ、そんな選択肢選べっこない。

 

おれがあいそであいそがおれで

愛想は、いつだって私を監視する。愛想は、いつだって私を脅迫する。愛想は、いつだって私を強制する。愛想は、いつだって私を恐怖と焦燥と自責の念に突き落とす。なんてこった、これじゃまるで悪魔だ。愛想とは悪魔の謂いでござったか。ならば無愛想は天使の謂いだな。無愛想はきっと私を自由にさせてくれるし、私に寛容だし、私を飼いならすようなこともしないだろう。丹念に心を込めた無愛想ひとつで、私は煩雑な人間関係全てから解放されるのかもしれない。愛想を撒き散らして暮らす毎日から解放されるのかもしれない。それでもやっぱり、無愛想をやるのは怖い。当分は、この愛想という悪魔とよろしくやることにするよ。

 

 

f:id:shirokuro_044:20210510120330p:plain

おうち時間、ではなく家にいる時間についての覚書|別に何もしてないしどうも過ごしてないんだよなあ

「おうち時間」だ!逃げろ!

個人的にはこの「おうち時間」という言葉がどうにも気に食わない。「迂闊に外で遊べないから仕方なくおうちの中で出来そうなことをしましょう」という至極真っ当な呼びかけの下から、「おうちの中にいるときも何かをしましょう」というおぞましきニュアンスが這い出てくるのを感じる。こいつはいずれ「おうちの中にいるときであっても何か意味のある行いをしなければなりません」という怪物へと成長するであろう。怖。その怪物は全ての疲れた人に食らいつく。全ての疲れた人を食い尽くしたあとは、己の尻尾をガブリと噛んで、痛みに悶え苦しみながら、全ての己を食い尽くす。

 

意識低からんことを

上に書いた妄想の怪物に対し、インドア過激派のいち構成員としてひとつ言わせてもらうが、おうちの中というのは元々、意味のない行いをすることがほぼ無際限に許される夢の国だったのだ。おうちの中であなたが無意識にやってるあんな意味のないことこんな意味のないこと、それっておうちの中でしか出来ないことではなくって?生産性、有意義、建設的、そんなものは丸めてゴミ箱にでも捨ててしまえ。ここは意味のない行いの国だ。意味のある行いをしたいのならよその国に行きな。ああいや、よその国に行けないから世の中がこうなってるんでしたね。ハァー。初めのうちは「おうちの中でも出来ること探そう」だった世の中の流れが、「おうちの中でも自己啓発!筋トレ!自分磨き!筋トレ!自己研鑽!筋トレ!エビデンス!イニシアチブ!コミットメント!ソリューション!筋トレ!」に向かわないように祈るばかりである。

 

おまえじゃねぇすわってろ

とはいえ、「おうち時間」というワード自体はなかなか秀逸だと思う。「おうち」という言葉の和やかさ、温かみ、平和な感じ。その空間の中で過ごす時間。その空間の中で 何かをして・・・・・ 過ごす時間。この「何かをして・・・・・ 」というのが「おうち時間」というワードの肝であり、私にとってはまこと余計な一言なのである。であるからして、私は敢えて「おうち時間」というナウい言葉を使わずに、「家にいる時間」などと堅苦しく面白みのない表現をしてやろうと思う。だってほら、「家にいる時間」と「おうち時間」では我々に課されるものがまるで違うではないか。私は「家にいる時間」をこよなく愛しているのであって、「おうち時間」を愛しているのではない。「家にいる時間」はただ家にいるそれだけの時間であり、なんかをしてもよいのだが、なーんにもしなくたってよい。一方で「おうち時間」は、実質、おうちでなんかしている時間の謂いである。

 

私はただ家にいるだけです

私にとって自室は聖域である。意味のない行いを存分に披露出来る私だけのステージである。私のように元々休日でもロクにおうちから出ないようなタイプの人間が、「おうち時間」というワードに圧迫されていくのは心底哀れだと思う。おうちで何をしているかって?なーんにもしてないんだな、これが。おうちにいるからって、何かをしなきゃいけないわけじゃないんだ。何もしなくたっていいんだ。私は「おうち時間」がやりたくてここにいるんじゃないの。ただただ「家にいる」ためにここにいるの。

 

今週のお題「おうち時間2021」
 
 

f:id:shirokuro_044:20210507144419p:plain

主語の重要性を噛み締める覚書|誰か9月になったら私に「梅ワインを買う」ってリマインドしてください

アンジャッシュ

客のおじさん「えらい流行ってるみたいだねえ、全国で」

わたし「あーそうですねえ(流行ってる?全国?コロナのことかな?)」

客のおじさん「なんかどこ行ってもすごく賑わってるでしょ」

わたし「人は相変わらず多いですよね(GWだからって話かな?)」

客のおじさん「僕は大阪とか愛知の方にも行ったけどどこも人が多くて」

わたし「都市部はやっぱり多いんですね(外出自粛してないって話かな?)」

客のおじさん「だからこういう系統のところが最近の流行なんだなって」

わたし「あ、ええ……確かに(ん?)」

客のおじさん「結構あちこち新店舗出してるでしょ、おたくの店」

わたし「そうですね!(あっこれコロナの話じゃない)」

 

倍プッシュ

いやいや分かるかーい。この時期に「流行ってる」「全国で」「どこも人が多い」なんてワードを散りばめて話されたらコロナの話題って思うに決まっとるやないかーい。今改めてあのときの会話を思い出しても、圧倒的にコロナの話題で話が進んでいる雰囲気だったじゃないか。どう考えてもその話をしているような空気感だったじゃないか。あの流れで「このおじさんはうちの店が全国展開していて最近ではこういうタイプの店が流行っていて各地の店舗が客で賑わっている話をしたいんだなあ」と思うような人がいるか?いやいないね。賭けてもいい。何なら前回の2倍の金額を賭けてもいいね。前回……そう前回の……そういえば私が最後に何かを賭けたのはいつだったかしら?ポケモンのゲームセンターでメダルを賭けた記憶くらいしかないぞ。

 

Bダッシュ

すれ違いコントといえばアレだな、さよならを教えての主人公と正ヒロイン睦月ちゃんの会話。ざっくり説明すると、主人公は統合失調症を患っており、同じ病院に入院している睦月ちゃんのことを「天使様」だと思い込んでいる。で、2人が出会って会話をするんだけど、睦月ちゃんの方は「私ついに退院出来そうなんです」という話をしているのに、主人公の方はというと「君の正体、すなわち君が天使であることについてなんだけど……」という話をしている。この文面だけ見ると非常にえらいこっちゃなのだが、奇跡的に2人の会話が噛み合っている。そういうシーン。時折主人公が明らかにおかしい発言をしているけれども、肝心なところは華麗に受け流す睦月ちゃんもまた睦月ちゃんである。いやあ、屈指の名場面ですねえ。『さよならを教えて』で最も有名なシーンはあの「スーパーマリオ」の部分だと思うのだが、個人的にあの場面はなんというか「となえ先生なに言ってんの?」という、見ていて小っ恥ずかしくなる側面が大きくて、好きかと言われると、グゥ。となえの話を聞いたあとに主人公がとなえに襲いかかる場面はべらぼうに好きなのだが、なんだろうね、アレは。となえはカウンセリングのいちキッカケとしてああいう例え話を持ちかけただけというのは重々承知しているのだが……なんだろう?あの奇妙な恥ずかしさは。私にはちょっと早すぎるかもよ。

 

チョーヤウメッシュ

日記っぽいことを書いているついでなので更に日記っぽいことを付け足しておこう。少し前のことになるが、「チョーヤ 紅氷熟 梅ワインヌーボー2018」を人からいただいた。最初の一杯を飲み終えた時点で既にAmazonやチョーヤの公式サイトを漁り始めるくらいには美味かった。なんというか、梅酒の原液をはちみつで割って飲んでる感じだ。つまり、めちゃくちゃ甘い。舌が溶けるかと思うほどの甘さにも関わらず、甘すぎる飲み物特有のピリリと痺れるような刺激は一切なくて、甘すぎるのにゴクゴク飲めた。「甘すぎる」が純粋な褒め言葉として通用する、凄まじい美味さだった。貴重な1本をわずか数日で空けたあと、梅ロスに罹ってチョーヤのウメッシュプレミアムを買った。美味かった。しかしあれほどまでに炭酸水を憎らしく思ったことはなかった。美味いんだけど、美味いんだけど、シュワシュワじゃなくて、あのトローリとした舌触りが、ああ。2021年の梅ワイン買います。

www.choya.co.jp

 

 

f:id:shirokuro_044:20210505123407p:plain