珈琲三杯|思索のための思索

限界フリーターが毎日の思索を書き綴る。手帖の代わり、或いはゴミ箱。

半端と矛盾についての覚書|大仰なこと言ってますけど要は太りましたという報告です

こんな記事を書くつもりじゃなかった

先週は体力も気力も記事のネタも完全に尽き果て、あたかも塩気を取り去られた塩のような状態であった。幸い、暫く前の記事で「更新頻度が落ちるかも云々」と明記しておったので、ブログを書くということ関しては安心して塩味の無い塩たる私を謳歌していた。どっこい、ネタの神様というものは実に気まぐれなもので、昨晩から今朝にかけて次から次にネタを降らしてきたため、そのうち1つを取り上げて書こうと思ってい思っていたのだ。道端ではスマホのメモ帳アプリにアイデアをしたため、仕事中は左ポケットに入れたメモ帳に構想を書き殴りながら、久々にいい感じの記事が書けそうだと上機嫌であっ上機嫌であったのだ。しかしその思惑は、バイト中に便所掃除をしていてふと顔を上げた瞬間に全て吹き飛んだ。

 

か、顔が……太い!

 

白黒れむ改め白黒でぶ襲名披露公演

ここ数ヶ月じわじわと太り続け、顎の肉もだいぶエライことになっていたのは自覚していたが、角度によってはまあまだマシに見えるし……という虚しい慰めによって見て見ぬふりをしていた。しかし便所掃除中にふと顔を上げて鏡に映った自分の顔と言ったらまあ、前から見ても横から見ても顔にボンヨヨと間抜けな肉が付き、そう、ボンヨヨ……ボンヨヨであった。10日ほど前、久々に会ったバイトの人と「体調大丈夫ですか?」「えっ大丈夫(じゃない)ですけど、何でですか?」「顔がすごく浮腫んでたので……心配になって」「あっそれ肉ですね、太ったので」という会話をしたことを思い出し、酷く慌てた。つまりそう、これはもう、ダイエットについて自己反省と決意立ての記事を書かねばならぬという神からの啓示なのだ。ここからしばらくは太った女の反省録なので、興味のない方はここまで飛ばして頂いて構わない。

ストレスで食うタイプの女です

ところで何故こうも太ったのかについて。どう考えてもストレス太りであるのだが、私の場合はストレスから来る不健康な食欲に加えて、非常にややこしい要素がアレコレ入り混じった結果、頭が混乱して食事ひとつ取ってもどう行動すれば良いか全く分からなくなっていたのである。なんじゃそりゃ。

ポンコツな完璧主義

私の日常生活を支配する思考は4つある。①節約②ダイエット③快楽④不幸な自分の演出 である。そしてそれらを貫く柱として、極端な完璧主義思考がある。これらの説明は一旦置いておいて、この4つが混ざり合ったものに完璧主義がぶっ刺さった結果、「節約しながらダイエットしながら脳みそに快楽を行き渡らせながら不幸な自分を演出するには一体何を食えばいいのか!?ウワーッ!!」となり、節約と言いながらドンキで74円の食パンを買って頭の中でダイエットダイエットと唱えるばかりで快楽を得るためのジャムやとろけるチーズを買いに行くことを我慢できず私は不幸だから食パンしか食べられない人生なのよと悲劇のヒロインを気取りつつ1斤ペロッと片付けるような意味不明な食生活を送っていたのである。この場合は最終的に、ジャムやとろけるチーズを買い足している時点で節約出来てないし、それを1斤食っている時点でダイエット出来てないし、甘さや塩気という快楽だけは立派に貪ってみせるが、別に悲劇のヒロインでもなんでもなくただ食パンを1斤平らげたデブ女の一丁上がり、という結果に終わる。ここでは快楽を貪るという項目のみが達成されていることに注目頂きたい。それをパターンを変えながら毎日毎日。そりゃ太るわ。

くたばれ!マイルール

この「自分の生活を支配する思考」を「マイルール」とでも呼ぼう。この「マイルール」が自分の中にあまりにも多く、さらに主軸として「極端な完璧主義」という厄介な柱がその中心をズンと貫いている。するとどうなるかというと、全ての「マイルール」を同時に守ろうとするのだが、当然そんなこと出来るはずもなく、それでも頑なに「マイルール」にこだわるあまり混乱に陥り、結果として当初の「マイルール」を何一つ守れていない意味不明な行動に終着するのである。食生活以外でもそうだ。ある行動をするにあたって、自分の中ではこうもしなければならないし、ああもしなければならない、それが自分の理想とする行動スタイル……ええいそんなこと出来るものか!無謀な理想にも程がある!でもそれが「マイルール」なんだ!しなければならないんだ!出来るものか!ウワーッ!!

半端と矛盾、それが人間

以上の自己分析をもっと端的にまとめるならば、「半端と矛盾を許さないあまり、却って半端と矛盾に陥っている」ということである。己の半端が我慢ならない。己の矛盾を見過ごせない。しかしながら今の自分に完璧を貫ける生活力も財力も行動力も決定力も無い。それ故に生まれてしまう半端と矛盾。それらさえも許せない。自らが勝手に生み出した半端と矛盾にまみれながら、どんどん自信を失っていく。過剰な自信と過剰な自信の無さは両立する。自分の中で相反するものが常に戦っており、四六時中内側から食われているような感覚がする。今の私に必要なものは、どれか1つを取って、残りはすっぱり諦めることである。私が完璧超人ではないことは私が1番よく分かっているのに、1番よく分かっていないような思考にばかりたどり着いてしまう。自分を理解していることと自分を理解していないことも両立する。世の中の人々は皆、こんな葛藤をクリアして生き抜いているのだろうか。それともこのような葛藤にまだ行き着いてないのだろうか。逆に考えれば私は人々の随分先を行っているのではなかろうか。先を行き過ぎて、コースアウトしているのかな。

「~のくせに」、それで結構

きっと誰もが半端と矛盾を抱えていて、半端と矛盾と上手に付き合いながら生きているのだ。それらと上手く付き合えない人が、私のように混乱したちぐはぐな選択肢ばかり選んでしまうのだろう。例えば「旅行が好き」と「貧乏」は一見相容れないかもしれないが、「旅行が好きだから貧乏」でもいいし、「貧乏だけど旅行が好き」でもいいのだ。「旅行が好き」であることを公言するために、給料が上がるまで待たなくても、宝くじが当たるまで待たなくても、玉の輿に乗るまで待たなくてもいい。「貧乏なくせに旅行が好きなんてゼータクですよね、ハハ」でいい。私は太ってスキニーパンツが見苦しくなってきてからはめっきり服屋に行く回数も化粧品店に行く回数も減った。痩せるまで待つ必要があると思っていたし、今もそうだからだ。でも本当は「太ったくせにファッションやメイクが好きなんてやんなっちゃいますよね、ハハ」でいいんだろう。

これらを踏まえて、上の方で述べた私の混乱を上手く整理してみる。「金が無いくせにダイエットのためとか言って高いサラダばっかり食べてるのもミョーな話ですよね、ハハ」「ダイエット中のくせにチョコレート食べちゃって自分に甘いですよね、ハハ」「底辺フリーターのくせにダイエットして容姿に気を遣うのウケますよね、ハハ」「結構ゼータクしてるくせに不幸ぶってるの意味わかんないですよね、ハハ」。

ま、それでいいんだろう。半端も矛盾も、案外抱え込める。

 

f:id:shirokuro_044:20200224142440p:plain

惨めさ求めて三千里についての覚書|一般にそれをヤケクソと呼びます

不自由も自由も結局変わらない気がしてきた

煩わしいものから解放された人間がまずやることは、次に嵌めるべき枷を探すことである。エモくてクールでナウなヤングにバカウケな枷を求めて世の中をうろつくことである。今より心地よい枷を探し求めて彷徨うことである。反対に、今嵌めている心地よい枷をわざわざ外そうと試みる者もいる。彼らはよい枷と悪い枷の区別が付いていないか、或いは区別が付いていて尚自ら脱しようとしている。マゾですね。それが快いものであろうが不快なものであろうが、脱いだその瞬間にはもう新しい枷が嵌められているのに、当人だけが「足枷を外してやった、俺は自由だ」という達成感に満ち溢れており、それも自分の足に新しい枷が嵌っていることに気づくまでの束の間の喜びに過ぎないのである。

はい、私はマゾです

心地よい枷ばかり沢山外してきた。心地よい枷を外せば、自分が望むような惨めさが手に入ると思っていた。何に対してというわけではないが、漠然とした罪悪感が常にあって、「自分はこんな心地よいものに縛られていていいのだろうか?」という謎の疑問があった。マゾですね。しかし手に入ったのは理想の惨めさではなく、ただの貧相な人生であった。私は恐らく漫画のキャラクター達が抱えるような惨めさ、夕が夜に変わる瞬間の空の色、黒紅とも藍とも紺とも紫ともつかぬあの深い色のような惨めさが欲しかったのだと思う。現実の人間には有り得ないような、輝かしい惨めさが。残念なことに私はただの凡人だったので、打ち捨てられて長いこと雨ざらしになった金属のようなきったねえ惨めさしか手に入らなかったわけだ。

宝は持ち腐れ人は不貞腐れ

輝かしい者になれないのなら、せめて惨めに。そこは「せめて普通に」ではないのかという声が飛んできそうだが、そうではなくて、せめて惨めにありたいのである。最下位に居座りたい者が最下位を巡って争うという文字通りの最下位争い。私も是非そこに参加したいのであるが、最下位の椅子を巡って闘うにはあまりにも……あまりにも恵まれていたので、もう手遅れかもしれない。人間関係ガチャで良いものを引きすぎたと思う。それほどのレアカードを引き当てたのにそれらを二束三文で売り叩いて、惨めになりたいだ何だとほざく自分の愚かさにも嫌になる。そして時々過去の良かったことを思い出しては、小さな炎にジリジリ炙られるのである。例えるなら、ソシャゲ引退を決意し覚悟が揺らがぬよう手持ちを全て売却していく途中で「アレ、やっぱり……」と淡い後悔の色を滲ませるような。背中から汗が噴き出そうとも目から汗が噴き出そうとも、既に売却したレアカードは戻ってこない。また自分が一から努力(課金)しない限り。たった今自らの意思で捨てたものを再び集めるために時間と労力を金を払える人間はそう多くないだろう。大抵はなんとかして忘れようと努めるか、忘れきれずに後悔の日々を送るのである。

現実なんかクソくらえだ!

私がいつにも増してぼんやりとした記事を書くときは、現実で何か具体的なことが起こっていると思っていただきたい。心地よい枷(ぼんやり)。それを外す(ぼんやり)、云々。このブログを書く上で特別な取り決めは無いのだが、現実の、それも自身に関係するあまりに具体的なことはブログに持ち込まないようにしている。ブログに持ち込んだ以上はそれについて考えなくてはいられないし、考えたところで嫌気が倍増して終わる気がするからだ。現実で思索出来ることは現実で、現実ではうまく思索出来ないことはここ『珈琲三杯』で。私が持ち込むのは現実の抽象的なことと、バイトの愚痴。昨日は一晩で4人の客がゲロを吐いた。以上。

 

f:id:shirokuro_044:20200220131707p:plain

壊れかけたものたちについての覚書|人間の修理はお早めに

スマートフォンにも絆創膏を貼るべきか

ここ数日、スマホの電源が急に落ちる。しかも一度落ちると充電を始めるまで起動できない。弱った。バッテリーが無くなったわけでもないのに。今使っている機種は同機種無料交換サービスで貰った2代目なのだが、前回も同様の不調からダメになった。原因は間違いなくバッテリーの劣化だろう。バッテリーが膨らみすぎて液晶パネルを押し上げ液晶が浮き上がるまでになったので、仕方なくセロハンテープで固定している。楽天ペイで支払う時にすごく恥ずかしい。充電ケーブルを勢い余って液晶パネルの下にねじ込んでしまい液晶の下半分がめくれ上がった時は流石に肝を冷やした。元々格安スマホに変える予定だったので、ここらがいい機会だろう。スマホが壊れたら何が1番困るかって、目覚ましが無いことだ。次に音楽が聴けないこと。通話が出来ないのもネットが出来ないのも特に困らない。私にとってのスマートフォンは、電話が出来る目覚まし時計であり、ネットが出来る音楽プレイヤーである。はー怖。置き時計買っとこ。

スマホも人間も、明日があるとは限らない

 私はフットワークが非常に重いので、当分はこの壊れかけのスマホをずるずる使い続け、ウンともスンとも言わなくなって初めてショップに行くなりするのだと思う。そもそも格安スマホに買い換えると決心してから優に1年は経っている。だめだこりゃ。私のスマホは明らかに棺桶に片足突っ込んでいるが、「片足以外が残っているならまあ……」ということで、これからも酷使され続けるのである。これはどこかで見たことのある構図ではないか。「しんどいけど身体はまだ動いてるからまあ……」「今のところなんとかやれてるからまあ……」「あと3日働けば休みだからまあ……」「今日は無事帰宅出来たから明日以降もまあ……」。彼らがいつ壊れて起動出来なくなるか見物である。

70%オフで『友達』を買え

弱った人間向けの記事を読んでいると、大抵「ダメになる前に対処しよう」と書いてある。人間、弱っている他人に対しては「今日は休みなよ」とか「早めに病院行きなよ」と声を掛けることが出来るのに、どうして弱っている自分に対しては「もうちょっといけるやろ」という声ばかり掛けてしまうのか。身も蓋もない言い方だが、自分にとっては自分が1番大切なんじゃないのか。自分のバッテリーが壊れたらもうお終いなんだぞ。「休んだ方がいい」と言ってくれる他人が周囲にいない人間が最も危ないと思う。金を払ってでもそういう他人を持った方がいい。だから世の中に心のお医者さんがいるんですね。無償で「休んだ方がいい」と言ってくれる人間が身近にいないのなら、専門家にお金を払って、「休んだ方がいい」と言ってもらいに行きなさい。医者に払う代金は決して惨めなお金ではない。自分に「休んだ方がいい」と言ってくれる人間――敢えて『友達』と呼んでも良い――を70%オフで買えるのだ。日常生活で”親友”を金で買おうと思ったらいくらかかるかを考えれば、べらぼうにお買い得なのである。

「疲れた」と山に叫んで「休みな」と返るこだまのなんと優しき

 学生時代はぼっちでも特に困らなかった人間が社会人になって急に友人の必要性について痛感し始めるのは、「休んだ方がいい」と言ってくれる人間の必要性を(意識的にしろ無意識的にしろ)感じ始めるからである。学生の頃は周囲に「休んだ方がいい」なんて言われなくても平気だったから、社会人になったとしてもこれまで通り「休んだ方がいい」と言ってくれる人がいなくても大丈夫……と考えている若人がいたら、やんわりと警告を出したい。大人もいっぱい泣いてるんですよ。休みたくて休みたくて泣いてる大人がいっぱいいるんですよ。「休んだ方がいい」と言って欲しくて泣いてる大人が世の中には大勢いるんですよ。大人だから人前で泣かないだけで。私は正社員経験の無いボンクラフリーターなので私なんぞに言われても説得力は無いだろうけど。

スマホと友人は大切にしましょうね。

 

f:id:shirokuro_044:20200218135018p:plain

幸福とストレスの契約プランについての覚書|格安人生に乗り換えて生命力を節約しよう

拝啓、お客様

床で寝るな。裸になるな。備品を壊すな。トイレに煙草を流すな。事務所に入るな。ゲロをするな。うんこを漏らすな。時々自分は劣悪な介護施設か何かで働いているのではないかと錯覚することがある。客が漏らしたうんこを始末する羽目になった従業員は本当にご愁傷様としか言い様がない。それにしたって、失態を犯したと思っているのは当人だけで実際は誰も被っていない架空の迷惑について気にしすぎて倒れる人がいる一方、行く先々で他人にストレスを与えまくっても全く平気な顔をしている人がいるという現実は本当にやるせない。どうか善良な人々のストレスが減りますように。ストレスをばら撒く人間が滅びますように。

80年縛り契約

もういっそのこと、幸福量とストレス量も一ヶ月単位の二段階定額制にしてほしい。人間誰もが最低保証の幸福量(多いに越したことはない)と最低ノルマのストレス量(少ないに越したことはない)があって、そこから先はしばらく「本人の活動次第」という範囲が続き、幸福とストレスがそれぞれ上限に達した段階で月末まで平凡な日常が続く。ちなみにこの幸福量は、「他人に対してストレスを与えそれによってある種の快感を得た(自覚した)」場合も蓄積される。つまり故意に或いは過度に迷惑を掛けるとその月の幸福量があっという間に上限に達してしまい、あとは翌月になるまでストレスが溜まるばかりの日々を過ごすというわけだ。パリピの皆様方からすればなんと極悪なプランだと思われるだろう。毎日が楽しいことだらけなのに、毎月の幸福量の上限を決められるなんてとんでもないと。こうなったらクレームの電話を入れて罵詈雑言浴びせて速攻で解約してやると。まあ例えそれを実行したとしても、受話器の向こうのお姉さんにストレスを与え自分はスッキリしている段階で当人の幸福量は上限にどんどん近づいていくんですけどね。毎日が楽しいことだらけの人間、ざまあみろ!

電話する相手がいないので通話料が従量課金のプランでも全く問題ないんですね

幸福とストレスのプランについてもう少しだけ考えてみよう。これも通信会社よろしく低額のライトプランから高額のギガプランまで様々ある。低額プランだと幸福量が控えめな一方でストレス量も控えめ。料金が安い分、ささやかな幸せと共に慎ましく生きられるプラン。高額プランは幸福量の上限が高い一方でストレス量の上限も高い。今月のストレス量はいつ上限に達するんだとイライラする場面もあるだろうが、その分リターンも大きいという天国と地獄を行き来しながら破天荒な生き方が出来るプランである。ちなみに当然のことながら裏プランも存在する。一般人には契約することが出来ないプランで、幸福量の上限はほぼ無限に等しく、ストレス量の上限はライトプラン同様かそれ未満しかない。選ばれし上流階級のみに契約が許される生涯勝ち組保証プラン。契約ショップの場所も一般には知られていない極秘の場所にあって、目隠しをされ高級外車に乗せられて連れて行かれるアレ。多分パナマとかにある。

愛すべき不幸たち

別に私は毎日が楽しいことだらけのパーリーピーポーに恨みがあるわけではない。経済を回しているのは私のような守銭奴貧乏ではなく、使うときにパーッと使う陽気な人々だからだ。こっちはそもそもお金を費やすだけの楽しいことが無いわけだし。だからそう、つまり、毎日が楽しいことだらけの人間が羨ましいのである。しかしながら、楽しいことが欲しい、楽しいことが無いと嘆く一方で、わざと楽しいことから逃げている自覚もある。貧乏フリーターとはいえちょっと口座を絞ればゲーム機だって買えるし、旅行にも行けるし、ハムスターだって飼おうと思えば飼えるのだ。しかし何かと理由をつけてそれらをやろうとしないのは、楽しいことが無い自分に酔っているというか、逆自惚れのようなものだあるからだろう。自分から不幸を取ったら何が残るのだろう、自分から不幸が消えたら一体誰が自分のことを哀れんでくれるのだろうと考えると恐ろしくなり、それで不幸にしがみついているのだ。先程の話で述べた最低保証の幸福とは、つまるところ幸福の強制である。私のように不幸にしがみついている人間に無理矢理幸福を与える、乱暴な優しさである。

恐ろしいけどやっぱり欲しい、幸福の最低保証。

 

f:id:shirokuro_044:20200217100212p:plain

アンパンマンのマーチとラーメンの替え玉についての覚書|そんなのはいやだって言うけどさ

はてなブログJASRAC管理楽曲の歌詞掲載が可能なサービスです

なんのために生まれて

なにをして生きるのか

こたえられないなんて

そんなのは いやだ

アンパンマンのマーチ』(作詞:やなせたかし)

 なんのために生まれてなにをして生きるのかこたえられない同志諸君、ごきげんよう。なんのために生まれてなにをして生きるのかこたえられない白黒れむです。白黒ははぐろって読みます。さて、「自分はこれこれを為すために生まれたのだ」と断言出来るほどの何かに巡り会えた人々は幸いである。現世の国はその人たちのものである。それが例え他人から見た時にどれほどちっぽけで、くだらなくて、取るに足らないものであろうとも。これまでの人生、そしてこれから先の人生、私が一体なにをして生きるのかについてはさっぱりこたえられないが、「なにをして生きているのか」ならこたえられる。そう、労働ですね。

私も所詮誰かのお代わり

人はどうしてこうも、なんのために生まれてなにをして生きるのかこたえられないままズルズルと生きて、老いて、死んでいくのだろう。幾つか前の記事で同じことを言った気がするが、今生きている人間の殆どが、(残念ながら)生まれたことに特に意味の無い者たちである。私だってそう。一応断っておくとこの場合は「自分が生まれたことは自分の両親からすれば意味が有る」とか「自分が仲を取り持ったからこそA子とB男はくっついたのであってその点ではA子とB男にとって自分が生まれたことは意味が有る」とかいう感情的、物語的な話ではなく、「自分の才能は世の中にとってどれほどの価値を持つか」という非情(誤字ではない)に合理的な話である。そして特にこれといって価値ある才能を持たない多くの人々は、世の中にとってはいくらでも替えが利いて、代わりがいて、別に私でもいいしあなたでもいいが私じゃなくてもいいしあなたじゃなくてもいい、あいつでもこいつでもそいつでもどいつでもいい、特筆すべき特徴のない似たりよったりの顔(=才能)をしたモブに過ぎないのである。悲しいね。漫画やアニメの背景に1コマ限りで描かれた薄い顔のモブや、ドラマで主要人物の後ろを一瞬通り過ぎていく大勢のエキストラたちに対していちいち名前や性格や仕事や家族構成を設定することはそうそうあるまい。とあるシーンに一度だけ登場してそれ以来一切顔を見せないあの女性が高校生であろうが、大学生であろうが、都会のお嬢様であろうが、田舎の貧乏娘であろうが、実は男であろうが、宇宙人であろうが、モブという役割を果たしてくれさえすれば何でもいいのである。仮に私が才能据え置きで見た目だけ195cmのムキムキマッチョマンに変貌したとしても、世の中にとっては至極どうでもいいのだ。何故なら才能が据え置きだからである。周りの人達は腰を抜かすかもしれないけれど、それも世の中にとってはどうでもいいのである。ラーメンどんぶりに次々放り込まれる替え玉のような我々だから、なんのために生まれてなにをして生きるのかなんて決まっている。替え玉としてどんぶりに放り込まれるために生まれて、替え玉として食べられながら生きるのだ。にも関わらず、人はそれを認めたがらない。認めることが出来ない。自分が替え玉であることを認められないから、替え玉であることを認める代わりに、「なんのために生まれてなにをして生きるのかこたえられない」と言うのである。やれやれだぜ。

替え玉業も楽じゃないんですよ

ここまで言ったからにはまず私が認めなければならない。私は替え玉として生まれて替え玉として生きる替え玉です。私は私でなくてもいい私なのです、と。私が天才フリーターか何かだったら私は私でなければ困るのだが、それこそ「いくらでも替えの利く」の代名詞のような普通のフリーターなので、私は私でなくてもいい。私にとって私は私でなくてもいいし、店にとってはシフトさえ埋まればその日のシフトは私でなくてもいいし、世の中はそもそも私に興味がない。今日も明日も同じどんぶりに投げ込まれて、同じように食われて、マズいだの麺が硬いだの文句を言われて、替え玉なんて辞めてやると思っても、また次の日にはどんぶりに投げ込まれるのだ。は~こんな世の中クソ喰らえだわ。ラーメンの替え玉を喉に詰まらせてくたばってしまえばいいのに。

ああ アンパンマン

この記事を書くためにアンパンマンのマーチの歌詞を調べたのだが、私は随分長いこと歌詞の一部を間違って覚えていたらしい。子供の頃から今までずっと「アン アン アンパンマンだと思っていた前前前世」みたいなやつだと思っていた。正しい歌詞はああ アンパンマンである。なんだよ「ああ」って。切なさ出してくるんじゃないよ。

 

f:id:shirokuro_044:20200214110604p:plain