珈琲三杯|思索のための思索

限界フリーターが毎日の思索を書き綴る。手帖の代わり、或いはゴミ箱。

命についての覚書|たまには目を開いて現実を見る

「繊細」は最も縁遠い言葉です

自分はもっとガサツで図太い人間だと思っていた。スプラッタ映画を見ながらドロドロのトマトジュース片手に鉄板でジュージューと肉を焼けるような人間だと思っていた。ショッキングなものを見てもホエーッとか言いながら普通にメシが食える人間だと思っていた。昨日だか、一昨日だか、その辺りからずっとについて考えている。

人間、新しい顔よ

やはり頭と体は物理的に別々であるべきなのでは。「体は木っ端微塵になりましたが頭部は綺麗に残っており本人の意識もはっきりしているため、新しい体の用意が急がれます」「頭部は完全に破損していますが体は綺麗に残っており心臓自体はきちんと動いているため、新しい頭部の用意が急務です」みたいな。脳みそと、心臓。超超大事な器官は上と下に1つずつあるのだから、生き残るチャンスもその分あって良いのではないか。でも……でも、人間がそれくらい強くても、勝てないものはいっぱいある。片方が生きているうちにダメになったもう片方を用意する金が無いという貧乏。貧乏には勝てない。片方はちゃんと生きているのに、そのことを誰にも気づいてもらえない孤独。孤独には勝てない。運悪く頭と体が全く同時にダメになってしまうという不幸。不幸には勝てない。頭も体もどちらも生かしておくものかという強烈な意志。強烈な意志にも勝てない。そして……轟々と襲い来る……にも勝てないんだろうなあ。勝てなかったんだろう。

無才はただ消え去るのみ

誰かと誰かを比べて「どちらか1人しか助けられないのなら才能のある、優秀な方を」と考えてしまうのは、本当は良くないんだろうけど、ねえ。どうしてもそういう合理的な勘定が頭をよぎるのは仕方がないと思う。学も才も無いフリーターの私と将来有望な甲子園球児が崖にぶら下がっていてどちらか1人しか助けられないのなら、将来有望な甲子園球児の方を助けて欲しいし、実際多くの人はそちらを選択するだろう。私と東大生なら東大生を、私と人気モデルなら人気モデルを、私と人間国宝なら、そりゃ人間国宝を選んで欲しいし、選ぶべきだ。でも、しがないフリーターの私と、私以上のダメ人間(仮)がぶら下がっていたら……私は、「そいつより私のほうが使えます!私の方を助けてください!」と叫んでしまうのだろうか。ぞっとするなあ。

コモンカードを何千枚集めてもブルーアイズとは交換出来ない

リアルで残酷なことは言いたくないけれど、非現実的で綺麗すぎることも言いたくないのだ。ボンクラを1000人集めて縄で縛ってあの世の門の前まで引きずって「すみません、先程こちらに才能のある若者が来たと思うんですけど、どうかこいつらと交換してやってくれませんか」と頭を下げに行きたい気分だ。もちろん、私が縛られて引きずられる側でも良い。交渉の結果はまあ、お断りされるんだろう。渋々縄を解いてやれば、彼らは蜘蛛の子を散らしたように逃げていく。この世も非合理的だが、あの世も非合理的だ。現実においては結局、命に上下や軽重や貴賎があることなんて、みんな分かっている。分かっているけれど、そんな恐ろしいこと口に出来やしないから。

 

こんな具合で、昨日だか、一昨日だか、その辺りからずっとについて考えている。

 

f:id:shirokuro_044:20190720144631p:plain

それでも生きていることについての覚書|今日も生きてるんだよなあ

みんな違ってみんなすげえ

世の中には才能のある人たちがうじゃうじゃごろごろいる……ように見える。たった30人そこらのクラスメイトの中にも「XXくんすげえ」「YYちゃんすげえ」と持て囃されるような人たちが何人もいて、皆それぞれ違う才能を持っている。サッカーが上手い人、野球が上手い人、バスケが上手い人、テニスが上手い人、水泳が上手い人、歌が上手い人、楽器が上手い人、書道が上手い人……絵が上手い人。とはいえクラスメイトの「すげえ」なんてのは「自分がよく知らないことをやっててすげえ」「恐らく自分には出来ないであろうことを出来ててすげえ」くらいの意味合いで、実際にやってみたらお前すげえなと言っている本人の方が、言われている相手よりもすげえ場合だってあるかもしれない。それでも今この瞬間は、相手の方がすげえわけだ。「すごーい」「すごいですね」はお世辞でも言えるけど、「すげえ」は素がポロリした、って感じがして信頼出来る。お前すげえな。これではあまりに品が無い?それは失礼。お嬢様言葉で言います。お前すげえですわ!

探し物 探しに行けない

私にも、丁寧に育てていれば開花した筈の才能があったのだろうか。それは神のみぞ――いや、神と、親と、先生のみぞ知る。ちょっとくらいはあったかもしれない。人よりは少なかったかもしれないけれど、小さい頃好きだったアレやソレ、学生の頃熱中したアレやソレ、もしかしたら。今でも時々、とうの昔に落ちた蕾へ思いを馳せることがある。「白黒さんすげえ」とか「れむちゃんすげえ」って言われたこと、無くも無いと思うけれど……忘れた。置き忘れた。才能の全てを過去に置いてきた。どんな海賊にも探せないところに。あっ私のHNの名字は「はぐろ」って読みます。「しろくろ」じゃないです。この記事で1番大事なことです。ここさえ読んでくれたらもうブラウザバックしていいです。

手札アドなんてなかった

人間はその時手札に持っているカードで勝負しなければいけない。ルールを無視して勝手にサイドデッキから1枚引っ張り出してきてこれが俺のオベリスクだワハハハハとやるわけにはいかないのである。もう手札を捨てすぎて出せるカードが無い。出せるカードが無くたって死なない限り生きられてしまうのは、こればかりはどうしようもないな。自分には何が出来るのかな。何も出来ないけどただ生きているな。何も出来ない自分はただ生きているけれど、何でも出来る人が死んだりするのは本当に理不尽だ。生きてるだけで丸儲け、という言葉がある。この言葉に対しては、「ほんとになあ」という気持ち半分、「ぶっ飛ばすぞ」という気持ち半分。あっ失礼。ぶっ飛ばしますわぞ。

すげえ。生きてる

こうやってのらりくらり生きていると実感しづらいが、現実にはどんな些細な物事にも必ず「出来る」と「出来ない」が付いて回る。スマホで文字を打つこと。服を畳むこと。カップラーメンを作ること。ジュースを注ぐこと。ひらがなを読むこと。足し算をすること。丸を描くこと。手足を動かすこと。まばたきをすること。息を吸うこと。息を吐くこと。生きること。空に向かって耳を澄ませばきっと沢山の声が聞こえてくるだろう。「お前、生きててすげえよ」。そうなのか。私は生きててすげえのか。でもお前もすげえよ。だって生きてたから。空に向かって返してやろう。「お前も、生きてたのすげえよ」。すげえのはお互い様。へへ。

 

f:id:shirokuro_044:20190719130813j:plain

暗い人間による「暗い人間」についての覚書|最近の事例と自身の経験を基に

人手不足だって言ってるだろ!

うちで雇われて間もない深夜の新人が「暗い」ということを理由に受付に立たせて貰えなくなるかもしれない。ホゲーッ。誰か1人が倒れたら深夜の営業そのものが成り立たなくなるようなカツカツの状態でエライ人は一体何を言っているのだろう。とはいえ接客業で「暗い」のは致命的欠点であることは理解している。こうなったら私が意地でも彼を育ててエライ人を見返してやるしかないじゃないか。彼はすこぶる真面目な男なのだ。貴重な貴重な深夜フルタイム枠なのだ。何が何でも、受付に立てる男に育ててやる。

……ところで、他人の明度を上げるのってどうすればいいんですか?

「暗い」と言われましても

仕事が遅い人にスピードアップを促したり、効率が悪い人に効率良く動くコツを教えてあげたり、そういう指導は大体イメージがつく。けれども「暗い」と言われたら……半分お手上げではないか。私とて、高校時代に国語教師から舌打ちと共に「あんた暗いねぇ」とクラス全員の前で言われたくらい筋金入りの根暗であるから「暗い」と言われる人の心情は手に取るように分かる。「暗い」キャラを返上しようとして大失敗した時のアレな気持ちも分かるし、陽キャが羨ましくて羨ましくて仕方がない気持ちも分かる。どうしてこんな根暗に生まれたんだろうと自分の性質を憎んで憎んで憎んだりもした。話し方の本とか読んでも(当たり前だが)さっぱり話せるようにならない。腹から声を出すやり方がさっぱり分からない。唇で息を吐くように細々と喋る癖が治らない。だからこそ、他人から見ても明らかに「暗い」と評されるような人に対して、いっちょお前の性格を明るくしてやろうなんて気軽に言えないのである。

「声が小さい」は心によく刺さる

暗い人間は光に敏感。どんなにオブラートに包んで包んで真っ白になるまで包み隠して「あなたちょっとどんよりしてるからもう少しハツラツとやろうよ」という旨をやんわり仄めかしたとて、パッと気づいてしまう。何重にも包まれた柔らかな言葉の中にも、言葉の向こうにある冷ややかな臭いを即座に嗅ぎつけてしまうのだ。私は彼に「もう少しハキハキと声を出そう」と言えるだろうか?高校時代、体育祭の団別パフォーマンス練習で、全校生徒の1/3の前で1人だけ立たされてリーダーから「お前だけ声が出てねえんだよ!!」と説教食らったことのあるレベルで根暗の私が?彼に「声が小さいよ」と言えるだろうか?これは私が人のことを言える立場ではないとかそういう話じゃなくて、言う前から彼の反応が目に浮かぶから言えないという話である。ウウッ。部活でもなしに約200人が見ている前で怖い先輩にただ1人説教されるなんて、プロの根暗にしか出来ない芸当だろう。そんな私に何が出来るというのだ。ところでお前200人の前で説教されたことある?私はあるけど?えっお前ないの?マジ?200人の前で名前も知らない先輩に説教されたことないの?

老婆心です

話を戻す。指摘する勇気が持てないのなら、せめて見方を変える所から。「暗い」という欠点をポジティブに捉えるならば「落ち着いている」、だろうか。だからこう、「あなたのその落ち着きは良いね!」とか「パニックにならないのは素晴らしい!」という風に褒めてやる。……はて、これは私の領分なのだろうか。育成だなんだと下手にやる気を出さず、エライ人の言うとおり彼のことはすっぱり裏方に回してしまって、受付に立てるような人が応募しに来るのを待つ方が得策ではないか。これではあまりにも、無責任だろうか?受付に立てるような人、応募しに来ないかなあ。時給は悪くないどころか良い方だろう。交通費も出る。求人の釣り文句も悪くない。実際、昼や夕方の応募はそこそこ来る。深夜にだけ来ない。今度『夜勤のすゝめ』みたいな記事を書こうかと思う。夜勤はいいぞ。毎日が動物園だ。

暗い私は暗いままで生きていたい

暗い人間が暗いまま生きていてもお咎めの無い世界へ行きたい。誰も彼もが「ありのままの自分」でうまいこと生きていけたらどんなに良かろう。人付き合いの才を持つ人間が裏で黙々とつまらない事務仕事をさせられたり、事務仕事の才を持つ人間が表でガヤガヤと虚しい人付き合いをさせられたりすることなく。表に居たい人間は表に、裏に居たい人間は裏に。しかし現実は誰も彼もがありのままの自分でうまいこと生きられるほどよく出来てはいない。下手に偽ったり、取り繕ったりしているうちに、自分が迷子になっていく。

隣人は仏様ではないのです

少し話は逸れるが、「自分はいっぱいいっぱいだから他の人のことを受け入れる余裕は全く無いけれど、ありのままの私のことは全て受け止めてほしい」という人。いる。そういうことは仏様にでもお願いして欲しい。我々凡夫にそんなこと要求しないで欲しい。なんだかんだで皆いっぱいいっぱいなのだ。私が左に一歩ずれて、あなたが右に一歩ずれて、それでカッチリ噛み合うなら、お互い一歩ずつ頑張ってみないか。私は動かないからあなたが二歩分動きなさいよってのはあんまりだし、それの逆も然り。そうやって一歩動けば、ありのままの自分は輪郭を失ってしまうかもしれない。けれどもありのままの自分は自分そのものなので、自分が死なない限りありのままの自分も死なないのである。あなたも私も死んでない。大丈夫。

暗い私は暗いままで生きられない

私は今のバイトを始めて随分表向きの性格が変わったと思うけれど、結局本性は暗いままだし、それがバイト中は身を潜めているだけに過ぎない。情緒もへったくれもないことを言うと、1人暮らしフリーターなので、ありのままの自分ではご飯を食べられなかった。元々、喋らなくていいならいくらでも喋らないでいられる性分だったので。そんなんじゃバイトも長続きしない。ご飯を食べるには自分が迷子になってでももう少しお喋りになる必要があった。だから少しだけ努力して少しだけ迷子になって少しだけお喋りになった。時々「ありのままの自分」と「少しだけお喋りになった自分」との乖離に苦しむことはあるけれど、まあ結果として良かったと思う。ご飯にありつけるわけだし。

暗くてもいいんだ本当は

私は彼を勝手に「自分の暗さに悩んでいる人」に仕立ててしまった節があるが、私がひとりで死ぬほど失礼な考えを展開しているだけで、もしかしたら彼はちっとも気にしてないかもしれない。それなら重畳、それがいちばん。

 

f:id:shirokuro_044:20190718150322j:plain

お金時々テクノロジーについての覚書|今日も小銭を握り締めたまま

一般的な社会人のお金の使い方が気になります

嘗て、社会人は財布の中には常に「年齢×1000円」を入れておくべきだという教えがあったらしい。実際に言っている人は見たことない。私の学生時代にさえ既に古い考えであったものが、キャッシュレス時代に突入してからはもう完全に化石の教訓となっている。この考えを逆に取れば、財布の中身次第で年齢をコントロール出来るのではないか?私は毎日0.9歳~2歳程度の間を行き来している。まだギリギリ、哲学的な真理を掴めそうな年頃である。3歳になるともう厳しいだろう。哲学は青年の嗜みだが、答えを知っているのは赤んぼだけだ。しかしまあ、財布に3000円しか入っていないから3ちゃい!なんて笑いが取れたのも今は昔。人によっては本当に、どんなにいい歳した大人であっても、万一の場合の電車代数百円くらいを財布に突っ込んでおけば事足りるのだ。買い物しようと街まで出掛けたら財布を忘れたけどスマホケースに交通ICが入っていたので事なきを得た愉快なサザエさん。るーるるるっるー。

世間がペイペイ鳴いている

何かと話題のバーコード決済。全然分からない。キャッシュレスに関しては交通ICやnanacoくらいは分かるが、QUICPayとかiDとか……アーハン?といった感じ。今もQuickPayと打って何か違うなと思って調べたらQUICPayだったので恥かく寸前で焦って修正した。QUICPayを使ったことのない人間の9割はQuickPayだと思っているのではないだろうか。私は世の中にwi-fiというものが浸透し始めた辺りからハイテクを追えなくなってきている。今でもwi-fiはよく分かってない。フリーwi-fi飛んでるところで繋がったら儲け、くらいに思っている。でも今のところデータ量に困ったこと無いんですよね。

人間vsハイテクのチキチキレース

「無くても困らない」と考え始めるところから、時代に追いつけなくなるのだなあとしみじみ思う。キャッシュレスキャッシュレスというけれどキャッシュはまだまだ現役だし、公共交通機関を日頃利用しないならクレジットカードが1枚あれば十分だし、バーコードだか何だか知らないけれど、お金を払う行為1つにそんなたくさんの選択肢が必要なのかね……なんて、アップデートを諦めてしまった人間の言葉そのものだ。中高生の頃は自動更新であった。大学生から現在にかけては手動更新だ。そしてゆくゆくは……更新拒否。再通知は150年後くらいでお願いします。

「無くても困らない」がそれと同じくらい「有っても困らない」。ただただ最先端を突っ走るテクノロジーに走って追いつく体力と、テクノロジーを捕食する食気が無いだけで。少しばかり歳を重ねて理解した。時代に追いつくには十分な体力が要る。流行を吸収するには丈夫な胃袋が要る。こちとらもう走れもしないし、食えもしないのだ。脚は細り、胃も小さくなって、慣れ親しんだものしか受け付けなくなった。

時代からの落伍というと聞こえが悪いが、自分の脚と胃袋のためを思って棄権した、と思えば止むなしである。問題は、自ら棄権したくせに救護テントという安全圏の中からガチャガチャとレースに口出しする人間がいること。或いは自ら救護車に乗り込んだくせに、先頭集団に追いつけ追い越せと喚く人間がいること。安全圏に居ればなんだって言える。私はもう左半身落伍しているから、今のうちに口を閉ざす練習をしておこうと思う。右半身はまだテクノロジーに興味津々で手足をバタバタさせている。真ん中からブチンと千切れそうだ。

ポイントカードは作らない派

私の財布の中には現金が無いのもそうだが、カード類も最低限しか入っていない。健康保険証、個人番号カード、クレジットカード、銀行とゆうちょのキャッシュカード、形だけ持っているバイト先のポイントカード。合計6枚。電子マネーは入ってないし、ポイントカードも実質持ってないようなものだ。あとついでに、診察券も無い。出先で倒れて搬送されたら、その病院の診察券を貰えたりするのかな?その日が来るまで作らないだろう。多分。搬送記念の診察券もその後使わないだろう。多分。

 

f:id:shirokuro_044:20190717111555p:plain

特に意味のない頑張りについての覚書|自分の頑張りに値打ちが付くうちに頑張っておきなさいよ

頑張っているか、頑張っていないか

自分が頑張っているとは思わないが、最近では頑張っていないとも思わない。他人から「頑張っているね」と言われたらピャッとして否定するだろうし、「頑張っていないね」と言われたらムッとして否定するだろう。人の性質や行為は「頑張っている」「頑張っていない」に二分出来るのか否か。「頑張っている」と「頑張っていない」の中間には何かあるのだろう。そんな疑問を抱いて考え込む時点で、自分は「頑張っている」と「頑張っていない」の中間を知らないのだと分かる。世の中には「ほどほど」という言葉があるのだ。何事もほどほどに……ええと、ほどほどに「頑張っている」のですか?ほどほどに「頑張っていない」のですか?――だめだこりゃ。

どれくらいやれば/やらなければほどほどなのか

「ほどほど」を知らないくせに、両端のどちらかに属しているわけでもないと云う。私の性質や行為は一体どこに消えたのだろう。虚数空間に吸い込まれでもしたのだろうか。「頑張っているか。」「ノー」「頑張っていないのか。」「ノー」「ではほどほどにやれているのだね、よかったよかった。」「……???」そんなやり取りが先程から頭の中でぐるぐるしている。ほどほどにやる、ってなんなんだろう。世の中の特に飛び出てもいないけれど引っ込んでもいない大多数の人たちは、みんなほどほどにやっているのかな。全ての物事をほどほどにやっているからほどほどになっているのかな。頑張り事項と頑張らない事項を足して2で割った結果がほどほどになっているのかな。こういう訳の分からない疑問を訳の分からないままにしておくのもほどほどということなのだろうか。じゃあ、私はほどほどにしておきます。

やることメモに振り回されながら

ここらで唐突に自分を評価するような物言いをすれば、バイト中あれもこれも気付きすぎてしまってやるべきことが次から次へと勝手に積み上がっていくのだけれど、気のせいだろうか。忘れっぽいのでその都度メモを取っているのだが、気づけば5つとか6つとか溜まっていて、気づかないフリをすればそこで上がりなのだけれど、そうもいかず……5人や6人が1つずつ気づいて1つずつやってくれたらいいのになあ、などという都合のいい期待を適当に追っ払って今日も1人でゴソゴソやっている。以前も言った私のポリシー。誰かがやらねば誰もやらないことは誰かがやらねば誰もやらぬのである。

5000兆頑張りポイントほしい

 冒頭で自分は頑張っているとは思わないと言ったが、少し訂正。多分、こういった細かい部分では頑張っているのだろう。細かい部分では。あれがないこれがない、じゃあ用意しなきゃ、あれが壊れているこれが壊れている、じゃあ修理しなきゃ、あれが置きっぱなしこれが置きっぱなし、じゃあ片付けなきゃ、あれとあれとあれについて改善要望を出して……と。自宅でも細かい部分は頑張っている。片付けとか、読書とか、ブログ更新だってそう。でもやっぱり私を総合的に評価したら、そんな小数点未満の上乗せなんて何の効き目にもならなくて、頑張っている人間の仲間入りは出来ないのだ。ただどこにでもいる限界フリーターのうちの1人でしかなく、そういう人間がどんなに細かい部分であくせくしたところで、「あらあら今まで頑張ってこなかったんですね」という評価以上のものは得られないだろう。今まで頑張ってこなかった負債が大きすぎて、現状可能な頑張りでは返済しきれない。今のバイト先で頑張ったらもらえる頑張りポイントは最大5だが、今まで頑張らなかった負債は5000兆くらいあって、最大5の頑張りポイントが何の足しになろうか、というところである。もし私が今から海外に飛んで見知らぬ土地で貧しい人のためにボランティアをやり始めたら、頑張りポイントは1万くらいもらえるかもしれない。それでも、「あらあら今まで頑張ってこなかった人間がなんか急に頑張ってますね」以上のものにはならないだろう。1万の頑張りポイントが何の足しになろうか。負債は減らない。

今日も不器用に突っ走ったり言い訳したりしている

 頑張っているつもりが実際はただただ1人で突っ走っているだけな気がして、時々妙に恥ずかしくなる。頑張っていないつもりが実際は頑張ってみたけど成果が出ていないことへの言い訳を並べているだけな気がして、時々妙に情けなくなる。とはいえどうせ返せない負債なのだ。今まで頑張ってこなかった人間というラベルの端を爪でカリカリしたところで剥がれはしなのだ。開き直ってほどほどにやっていこう。

ところで結局ほどほどって……ほどほどって、如何程。

 

f:id:shirokuro_044:20190716170425p:plain