珈琲三杯|思索のための思索

限界フリーターが毎日の思索を書き綴る。手帖の代わり、或いはゴミ箱。

とりあえずなんか書いとこって感じの覚書|ここもとりあえずなんか書いとけ

限界フリーター、人生の意味について考えがち

その日その日に起こした行動や思考が己の人生にとってきちんと意味のあるような人生を送りたかった。24時間365日そうあれとは言わんが、週2~3くらいで、1日4~6時間くらいで、6時~22時の都合の良い時間で、フリーター大歓迎という条件のもと、意味のある日々を。バイトを夜勤に移して来月で2年が経つが、2年前のその日から、いやその更に2年前から、どこかへ向かっている実感が手元に無いままだ。どこかへ向かっている実感をどこかへ置いてきてしまった。なんというかこう、大学を中退してから2ヶ月程のニート期間を経て初めてスーパーで働き始めたその日の上をずっと足踏みしているだけで、何らかのゴールに向かって進んでいる気がしないどころか、生命のゴールに向かって進んでいる気さえ全くしない。自分は本当にきちんと死に向かって進んでいるのだろうか?私は100年後も200年後も変わらず限界フリーターとして働いているのではなかろうか?意味のある人生が22歳で止まってしまったので、人生に意味を見出さない限り、私はずっと22歳のまま。

 

毎日が食傷気味

とはいえ、日頃から人生の意味について考えながら生きている人はそう多くないだろう。ある日は偶然楽しくて、ある日は偶然悲しくて、ある日は偶然嬉しくて、ある日は偶然苦しくて、そういう毎日を紐で綴れば、ホイ、人生。やがてそこから意味がにょきにょき。綴られた毎日こそ人生の意味が生えてくるための土壌。毎日が土作り。人生の意味は頭の中から生えてこない。であるからして、自室に篭って黙々と古典を読んでいるよりも近所を2へんでも3へんでも散歩していた方が今の自分には有用なはずなのだが、まァほら、夏は暑いから仕方ない。とにかく、最も手頃なところでいけば「今日『は』楽しかった」とか「今日『は』悲しかった」とか、そういうことが必要なのだ。「今日『も』苦しかった」ということばかりではなく。多分。恐らく。しらんけど。

 

薄ければ薄いほど賞賛されるのは一部界隈だけですよ

そういえば人生設計というものを真面目に考えたことがなかった。若人に紛れることが許される範囲までは夜勤バイトでやっていきたい。一体何歳まで大学生のニーチャンに紛れて働くことが許されるのか――いや、働くことに 耐えられる・・・・・ のだろうか。今のバイト先にずっと籍を置けるのなら35歳、出来れば37歳までは居たい。これは私が続くかの問題よりも店が続くかの問題の方が大きい。そこからは……まあぶっちゃけ何でもいい。雇ってくれるなら。「ぶっちゃけ何でもいい」という人生設計があっていいのだろうか? 貯金はあるに越したことはない。現状では月に10万のペースで貯金しているが、今の生活は娯楽費交際費等が限りなく0に近い一方で細々した浪費(ほぼおやつと栄養ドリンク代)が多いので、どんどん絞っていきたい。家にパンがあるのにどうしても食べたかったのでカップ麺を買ってきたとか、そういうのを止めたらええんやで。人生設計というよりもただただお金の事しか考えてないな。恐ろしく薄い人生設計だ。やりたいこととか、欲しいものとか、そういうのは全く眼中になくて、ただ「住むアパートを失わない」とか「大家に電気水道を止められない(ガスは数年前から止まってるので問題ない)」とかそういうことしか考えてない。必死に働いて必死に貯金しているのも、「歳を取ってからホームレスにならない」という最小にして最大の目標ただそれだけのため。薄い。タカハシかよ。

 

15円欲しい!!!!!!!!!!!!!!

今日は特に書く事が無かったのだが、不思議とブログは書きたい気分だったので、なんとなく書いた。Twitterでも投げてろと言われそうな独り言ばかりだが、まあたまには良いだろう。喋る相手のいない人間は、頭の中につまらぬ言葉の塵がどんどん溜まっていくものだ。またこれも独り言なのだが、明後日が誕生日です。amazonギフト券15円分ください。

 

f:id:shirokuro_044:20200812133517p:plain

1の善行で得するカラスと100の善行で損する人間についての覚書|立つ鳥ゲロを残さず

ごクロウ様です

店頭のゴミ拾いをしに店の外に出たら、自店と隣の店の丁度境目にゲロがぶちまけてあった。さてどうしたものかと思案していたら、6、7羽ほどのカラスの集団がやってきて、ドン引きする私の前で撒き散らされた吐瀉物を次々と啄み、ものの10分程度で綺麗さっぱり食い尽くして帰っていった。カラス達が去ったその場には、うっすらとそれらしき跡が残っているくらいで、バケツ1杯の水でも流してやればその跡も消えただろう。オエー鳥という有名なAAがあるが、あれがカラスかどうかは別として、カラスはオエーも食べる。勉強になった。目先の欲求と体調すらコントロール出来ぬ愚かな人間がその辺にオエーしていく一方、カラスはそれを見てオエーするどころか(結果だけ見れば)後始末をしてサッと飛び去っていったわけだ。ファッキュー人間。サンキューカラス。いやはや、クロウをかけるね。カラスだけに。

f:id:shirokuro_044:20200810105019j:plain

オエー鳥くん

 

そこに善意はカラっスよ

しかしよくよく考えるとこれはアレだ、日頃は素行不良の青少年がたった1つ良いことをしたからといってやたらと賞賛されるのに似ている。カラスは大抵、ゴミを荒らす生き物である故に。日頃うちのアパートも含めあれだけ日本中のゴミ置き場を荒らしまわっているカラスがたまたま、それも「全く意図しない内に良い結果に終わった」だけで、カラスを褒め称えるのは間違っているのではないか。クソッ騙された。うちのアパートのゴミ置き場を荒らすのをやめろ。毎週火曜日の早朝は酷いことになっている。駐車場と道路いっぱいにゴミが撒き散らされている。いやそれはそもそもネットをしっかり掛けない住人が悪いのではないか。毎週決まって、必ず、火曜日の早朝の、全く同じ時間なのだ。火曜日の早朝に必ず、1つか2つのゴミ袋の中身が半径数メートルに渡って拡散されている。中身も大体スーパーの惣菜のパックや冷食の袋なんかで似たり寄ったり、間違いなく同じ住人だ。クソッタレ。荒らすカラスも悪いが、マナーを守らずネットを掛けない住人はもっと悪い。いや荒らすカラスの方がもっと悪いのか。ええいこの世に救いは無いのか。ファッキュー人間。ファッキューカラス。

 

(」・ω・)」ウー!(/・ω・)/ヤー!(爆発四散)

日頃から真面目に慎ましくささやかな良い行いを重ねている人間はどうにも影が薄くなる。その一方、小さな悪から大きな悪まで動かす力だヤンキーディーゼルな人間は普段あちこちからの不興を買いはするが、いざとなればそれらを全て一括売却出来るだけの爆発力で以て、この世の大通りを闊歩していくのだ。意図して行うにせよ、そうで無いにせよ。真面目な人間は爆発力を持たない故に、まあ一概に損とも言えないが、刺激の多い現代にあっては、比較的損である。日頃クソ真面目なガリ勉ちゃんが休日はエチエチコスプレイヤーとなって男共を湧かせているとか、日頃は地味~な中小企業OLが夜は凄腕の暗殺者として暗躍するとか、フィクションの世界ならそういうことが出来るのだがね。真面目にやっている人間たちが爆発する時ってのは、大体、日頃のストレス等が原因で、思いっきり負の方向にドカンと一発やってしまう時だと相場が決まっている。そして、「なんであんな真面目な人が……」までが様式美である。「なんであんな真面目な人が……」じゃないよ。「あの真面目な爆弾は私たちが丹精込めて育てました」って胸を張って言いな。

※ウーヤー(烏鴉):中国語で「カラス」の意

 

たまには私のことも褒めてクレーエ

私は決して良く生きている人間ではないが、(自分で言うのもアレだけど)色々細々したところに気づいてしまう性分で、しかも一度気づいてしまったらそれをあるべき状態にしておかなければ気がすまないタチである故に、1人でアセアセして、1人でイライラして、1人でヘトヘトになっていることが稀によくある。稀によくあるのである。自分以外誰もやっていないなら別に放っといていいじゃないか、それが全体の問題として顕在化するまで放っておいても、と思うこともあるが、全体の問題として顕在化する頃には大抵面倒なことになっているし、やるしか無いんだろうなあ、ウン、と思いながらアセアセイライラヘトヘトしている。ウワッ意識高い系フリーターだ!えんがちょ。もし私が普段はサボりがちで素行不良なクソフリーターだったら、こういうことを1つやるだけで、「おっ白黒の奴たまにはやるやんけ」と思われたのかもしれない。白黒ははぐろって読みます。「たまにはやるやんけ」って、たまには言われたいものだ。「いつもやるやんけ」なんて、誰も言ってくれないわけだし。アァ~ヤダヤダ。いつもやるの、やめられないとまらない。

※クレーエ(Krähe):ドイツ語で「カラス」の意

 

f:id:shirokuro_044:20200810120140p:plain

友情と恋愛の食わず嫌いについての覚書~その2~|自分語りと自己弁護のマリネ お子様ソースを添えて

平然とやってのける人々の平然とした顔を見て

誰かと会話をする際において、相手の機嫌を損ねぬこと、相手の不興を買わぬこと、相手を退屈にさせぬこと、相手に気を使わせぬこと、などを毎度毎度一生懸命考えて慎重に、必死に、丁寧に、気を遣いながら、怯えながら、相手の表情目線声色等把握可能なものは全て伺いながら、回らぬ頭をフル回転させて、手持ちにない言葉を当てもなく探して、それでも結局上手にいった試しなど無いのだから、それなら下手な手を打たず最初から黙っておいた方が得策なのでは?ということを考えるのさえも嫌になったので、そのうち白黒れむは考えるのをやめた。これら果てない(自称)努力の結果生まれるものがただの苦痛羞恥後悔の域を抜け出せないのなら、会話という行為は恐らく根本的に私に向いていない所業なのであろうし、よって、そこから私が得られるものは何一つ無いのであろう。現代的な、というか、21世紀的な価値観に合わせるならば、我々は無理に苦痛から価値を抽出する必要は無いのだし、価値のためにわざわざ苦痛を選ぶ必要も無いのである。

 

過去の自分からの期待が重い

それで、ええと……私はこの記事を「その2」と称して一体何を「その2」とすれば良いのかね。愛と友情に関する己の価値観についてなのか、クソデカパーソナルスペースについてなのか、諸々の「快」についてなのか、コミュニケーション能力の欠如についてなのか。前回の記事があまりにも散らかっていて完全に行き先を見失っている。というかクソデカパーソナルスペースって言いたいだけだろ。その1とか書かなければよかった。ウウ。これは、これは……そう、一人こそが心地良いと言いながら決してひとりでは生きられない人間の戯言である。

 

今時の子供の方が遥かに「大人」してたりするね

自分の機嫌さえ満足に取れない人間が他人の機嫌など取っていられるものか、というのが私の率直な感想であり、言い訳である。親しい関係のトラブル、大きなもので言うならば親子関係の痛ましい事件などは、専らそれに起因するのではないか。自分の機嫌さえ満足に取れない状況下で、他人の機嫌と生命の面倒を見るというとんでもない義務まで与えられたら、たとえ初めのうちは自分が望んで背負った義務であろうとも、そら頭おかしなるで。自分の機嫌を自分で取れる人間を「大人」と勝手に定義しても良いならば、他人の機嫌と生命の面倒を見るのは「大人」でなければならない。法律で成人しているかは関係なく。そして、愛と友情において上手くやっている人間は、須らく自分の機嫌を自分で取れる「大人」なのだろう。白黒さん、早く「大人」になってくださいよ。ええ、まあ、そのうち、前向きに、善処します。

 

はぐろれむさんじゅっさいです

他人と会話するのが下手くそすぎて辛い、物理的であっても心理的であっても他人と距離が近いのは居心地が悪い、人付き合いより自宅で手軽なコンテンツを消費している方が楽しい、自分の機嫌の取り方が分からない、だから他人の機嫌なんか取ってる余裕がない、こりゃたまげた、社会的な「子供」以外の何者でもない。これから先歳を重ねるにつれて、社会的に「子供」であることが枷になってくる場面がどんどん増えるのだろう。いつになったら私は「子供」から脱せるのだろう。どうやったら私は「子供」から脱せるのだろう。アーア、これから毎日愛と友情はうるわしきかなと百ぺん唱えます。唱える相手がいないので、壁に向かってです。

 

あーもうまたそうやって「次」とか言うから

敢えて宣言するまでも無いだろうが、私の愛と友情に対するスタンスは決して「無関心」ではなく、掃いて捨てるほどの「関心」がそこにあるのである。その掃いて捨てるほどの「関心」を隠す術を知らないので、アホの子のようにこうやって2つも記事をこしらえているのだ。次はもっと関心が無いことについて書こう。関心がありすぎることについて書くには、自分の心を是非とも深掘りする必要があって、なんとも疲れることよなあ。

 

 

f:id:shirokuro_044:20200809221525p:plain

 

友情と恋愛の食わず嫌いについての覚書~その1~|自己分析と自己満足のミルフィーユ仕立て

アリストテレス、お前もか

アリストテレス先生の『ニコマコス倫理学』を読んでいる。現実の人間と現実の人間の生活に基づくところの、現実の人間らしい哲学がここにあると思う。とはいえそう手厳しいものでもないので、現実に魘されている限界人間の皆様にもこの現実であれば安心して摂取して頂けると思う。ところで、第八巻並びに第九巻において先生が友情のうるわしさについて説き始めた辺りで鼻からきのこが生えそうになった。私とて伊達にクソ一般人やってるわけではないので、愛がうるわしきものであるのは一般感覚的に分かる。友情がうるわしきものであることも、分かる。ただ現状私の心の中に、素晴らしきよあれかしとか美しき友情こそあらまほしとか思う気持ちが十分に無いだけであって、その不足した部分の穴を埋めるべく、素晴らしき愛や美しき友情を別途脳内で必死に描いてみせるのだが、その結果頭の中で生まれるのは「パーソナルスペースやひとり時間を著しく侵害されることに不快感を覚えている自分像」だけであり、そりゃ鼻からきのこも生える。もう少し噛み砕いて言うと、愛を得た自分や友情を得た自分に特段魅力を感じないのである。私にとってパーソナルスペースとは家であり、ひとり時間とは唯一の休息なのであって、住み家や休息を犠牲にしてでも愛や友情が欲しいかと聞かれると、ウーン。以下、パーソナルスペースクソデカ女の戯言が続くことになるのだが、その前に一つ質疑の時間としたい。

 

第7485862846546925737629回 全白黒れむ自問自答大会

質問失礼致します。『珈琲三杯』管理人をしております白黒れむと申します。当方、愛と友情に関しては素人で恐縮なのですが、先程の発表を聴くに、つまるところあなたは”イキって”いらっしゃるのではないでしょうか?パーソナルスペースがどうとかひとり時間がどうとかそれらしいことを並べておきながらその実、あなたは愛や友情の類を積極的に手に入れる意思が無いのではなく、手に入れたくても手に入れられないだけなのではないでしょうか?心の底では手に入れることを欲していながらどう頑張っても手に入れられそうにない、ならば最初から「私はそれらを欲しない」と言っておけば己のちっぽけなプライドに傷がつかないと、そう思っていらっしゃるのではないでしょうか?以上の点について、回答をお願い致します。私からの質問は以上になります。素人質問失礼しました。

 

否定形で反論すると大抵痛い目見る

はい、白黒れむさんご質問ありがとうございました。さて、この売られた喧嘩 鋭い質問に対し、私はどう回答すべきだろう。恐らく私はこの場において「愛や友情が自分にとって”ひとり”以上の魅力を持たないこと」についてつらつら述べるよりも、むしろ「”ひとり”が愛や友情以上の魅力を持ちうること」についてくどくど述べる方が良いのだろう。前者は”イキり”と評された主張に更なる”イキり”を加えるだけのように思われる。いや、この際くどくど述べる必要もあるまい。ある種の人々の間ではそうマイナーな意見でもあるまいから。ただまあどういうスタイルで書くかをここで決めても上手く行く気がしないので、この際好き勝手に書き散らかすことにしよう。

 

①-a:愛や友情の類を積極的に手に入れる意思が無いのではなく、手に入れたくても手に入れられないのではないか、という点について

これは半分正しく、半分間違っている。私にとっての真の困難はそれらを手に入れることにあるのではなく、手に入れたそれらを維持することにある。こまめな連絡、こまめな対顔、そうしたことのために動かす部分がどうしても途中でガス欠を起こしてしまうので、まあ結果として、初めから無かったもののようになる。では何故こまめなコミュニケーションが不完全燃焼で終わるのかというと、ウーン、単に面倒くさいだけなのだろうか?愛と友情はうるわしさにおいて最上級に位置するものであるという前提に従えば、私はそれを上回るほどのうるわしき行為を日頃から行っているわけだが、それは例えばひとりでニコ動の面白い動画を見たり、ひとりでコンビニにおやつを買いに行ったり、ひとりでエッチな漫画を読んだり、ひとりで机の上やベッドの上にコロコロをかけたり、ええと……

 

①-b:何故愛や友情を守るよりもニコニコ動画で面白い動画を見る方がより上位の行為に位置づけられてしまうのか

簡潔に言えば、私の「快」持ちが悪いからである。「快」持ちのニュアンスは、腹持ちとか物持ちとかと同じところに拠る。言葉を換えれば、何故だか知らんが己の中で「快」に関するところの燃費が異様に悪く、常に「快」を貪っていないと「快」に飢えてくたばりそうになる。その時貪るものがどんなに瞬間風速的でくだらないものであろうとも、「快」でありさえするならそれでよい。世にある過食症なんかの病気も、この「快」に関するところの燃費が異常をきたしているところから来るんだと思う。それで、愛や友情のように時間をかけて育むことで初めて得られる「快」など待っていられるものか、俺は部屋に戻ってニコニコを見るぞ、というわけだ。この手の「快」を心ゆくまで貪れるのはひとりの時と相場が決まっている。ここで、ひとりを愛する心が生まれる。また一方で、この手の「快」は日常的に摂取し続けると癖になるきらいがあるのが厄介極まりない。日頃から楽しいことが無いと言いつつそれでも生きていられるのは、この瞬間風速的でくだらない「快」を毎日必死に貪って、依存に近い中毒症状を起こしながらもそれで食いつないでいるからである。あっ動画がくだらないって意味じゃないですよ!くだる!くだります!

 

①-c:つまりどういうことだってばよ

私が愛や友情のような広くうるわしいとされているものに対して消極的なのは、己の中で「快」に関する部分の燃費が著しく悪いことに起因する。四六時中適当な「快」で腹を満たしてやらねば愛や友情による「快」が生じるまでの間に飢え死にしかねない。それで、取るに足らない「快」を短期間で大量に摂取した結果、取るに足らない「快」による中毒症状を発症し、一方で愛や友情のような手間暇のかかる「快」に魅力を感じなくなってしまった。しかしながら取るに足らない「快」による中毒症状は妙な言い方をすれば良性の中毒症状であり、この良性の中毒症状が「ひとりを愛すること」を生んでいるのである。もし、ある人の中に愛や友情による「快」が無く、更に空腹を満たすための取るに足らない「快」すら無いのであれば、それはただただ「無を愛すること」に繋がるのあって、「無」による悪性の中毒症状を起こしていることになる。

 

記事の終着点は歩いてこない だから歩いてゆくんだね

Q.なんか今回長くないですか?

A.この記事だけでは終わりそうもないので分けて書こうと思います

Q.結局イキってますよね?

A.(イキって)ないです

 

f:id:shirokuro_044:20200807135419p:plain

知性が滅びた頭で考える「滅び」についての覚書|暑すぎ脳みそアイスクリーム三段重ね

過去は良くならない代わりに悪くもならない

後先考えずに行動すれば未来の自分が滅びることは誰の目にも明らかなのだが、反対に後先考えすぎると今度は現在の自分が滅びてしまうわけで、わた……我々はどう足掻いても滅びと隣り合わせで生きなければならないらしい。そんな自分を肴に悠々酒を呑んでいられる過去の自分は、既に滅び去った者としての余裕を有している。過去の自分は決して滅びを恐れたりしない。そこにあるのは既に滅びた者の余裕なのである。例えるなら、ドッジボールで枠内にいる間は必死になってボールから逃げ回っている人も、一度ボールに当たって枠外へ出てしまえば、そこに「既に離脱した者の余裕」が生じるように。生きている者が死を恐れるのはまだ死んでいないがためであり、一度死んだ者になってしまえば死など恐るるに足らず。一度滅びた者になってしまえば滅びなど恐るるに足らず。あ~、それがし も早く滅びたいものですなあ。

 

※上の文章と関係があるようで全く別の話をしている

既に滅びた自分は今頃、一体何をやっているのだろう。というとあたかも過去の自分という存在が現在の自分と別個に存在しているような物言いになるが、たまにはそうやって「既に滅びた自分の今」について考えるのも悪くはない。厳密に言えば「既に滅びた自分」に「今」など無いのだが、既に滅びた自分が滅びたまさにその刹那に立ち会って、「はいカット、お疲れ様でした」と声を掛けてやれば話は別である。瞬間、「滅びた自分」は「滅びた自分というものを演じた役者」に変わるので、そこでこう、出演者インタビューみたいなことをしてやればいいのだ。撮影お疲れ様でした。イヤァ迫真の滅びでしたね。空になったコーヒーカップを机にゴンと置いた瞬間なんか、まさに「滅び」って感じでしたよ。今回の滅びを演じるにあたって意識したことなどありましたら是非教えてください。何言ってるんですか?

 

読書とブログが捗るすごいリクライニングチェアがほしい

自分というものは生まれて今まで切れ目も継ぎ目も一切ない滑らかな織物のような存在であると考えるのも、「1秒前の自分は1秒前の時間軸に固定された、既に滅びた存在」「1秒後の自分は1秒後の時間軸に固定された、未だ生じぬ存在」と考えるのも、もしくはそれ以外のやり方で進んだり作られたり流されたり跳んだり跳ねたり伸びたり縮んだりしていると考えるのも、お好みである。今回はせっかく滅びの話を始めたので、2番目の説でやっていこうと思う。今私は下品にも机の上に組んだ両足を乗せて文章を書いているのだが、両足を床につけていた時の自分は滅びたし、両足を組まずにただ机の上に乗せていた時の自分は滅びた。『今私は下品にも机の上に組んだ両足を乗せて文章を書いている』と書いていた時の自分も滅びた。そう考えると、色々な状態の自分があまりにも早く滅び去っていくので、今机の上に乗せている足を下ろすのも惜しくなる。今、この時に、机の上に組んだ両足を乗せて文章を書いている私は、この時限りの存在だからである。足を下ろせば、机の上に足を乗せている私は滅びる。そろそろおケツが痛いので、足を下ろそうと思う。さようなら、机の上に組んだ両足を乗せて文章を書いている私。グッドラック(よい滅びを)。

 

だいたいそんな感じ

滅んだはずの自分をわざわざ墓から引きずり出して一列に並べて、それに「後悔」とか「未練」とか「失敗」とか逐一丁寧に名前をつけて、あまつさえそれを「現在」において飼い慣らそうと試みるのも妙な話だ。彼らは死者なのである。彼らは己が滅びたまさにその瞬間にのみ生き続ける死者なのである。しかし、この滅び論で行くと良い自分も皆滅びた存在であって、自己は滅び続けるのだからそもそも「現在」の自分など存在せず、そこにはただただ生じながら滅びている自分が、厳密に言えば生じつつある自分の産着の抜け殻と滅びつつある自分の空の棺桶があるだけなのだが、アレッ人生ってこんな感じでしたっけ?こんな感じか。そうか。

 

 

f:id:shirokuro_044:20200805133054p:plain