珈琲三杯|思索のための思索

限界フリーターが毎日の思索を書き綴る。手帖の代わり、或いはゴミ箱。

「物としてのヒト」に憧れる「者としての人」についての覚書|いつか誰もが物に還る

わたくし、こういう ですが

真核生物動物界真正後生動物亜界左右相称動物新口動物上門脊椎動物脊椎動物亜門四肢動物上綱哺乳綱真獣下綱真主齧上目真主獣大目霊長目直鼻猿亜目真猿型下目狭鼻下目ヒト上科ヒト科ヒト亜科ヒト族ヒト亜族ヒト属ヒト、構成元素は酸素炭素水素窒素カルシウムリン硫黄カリウムナトリウム塩素マグネシウム、白黒れむと申す物です。白黒ははぐろって読みます。この物は平均的な物に比べて耐久性に乏しく、所々に損傷が見られます。また激しいバッテリー損耗のために容量の25%を超えてエネルギーを蓄えることが出来ません。生産性に欠けており、処理能力が著しく低く、複雑な業務には不向きです。入力に対してはフリーズを、出力に対してはクラッシュを頻繁に起こします。利点と致しましては、極めて安価かつ粗悪なエネルギーでも動かせること、メンテナンスを特別必要としないこと、諸々の周辺機器を必要としないこと、自動バックアップ機能だけは一丁前なこと、いくらでも代わりが利くこと、燃えるゴミで処分可能なこと等が挙げられます。

 

わたくし、こういうですが

国籍は日本、性別は女、年齢は27歳、職業はフリーター、最終学歴は高等学校(大学中退)、免許資格は特になし、世帯構成は一人暮らし、独身彼氏無し、好きな食べ物はパン、好きな飲み物はコーヒー、好きな色は黒と白、生き甲斐は思索することと哲学書を読むことと文章を書くことと寝ること、死に甲斐は労働、白黒れむという者です。白黒ははぐろって読みます。この者は平均的な者に比べて体力が少なくすぐにヘバり、手指の皮膚が常にボロボロです。また激しい肉体疲労のために25%程度の身体機能しか発揮出来ません。生産性の無い人間であり、作業スピードがクソ遅く、理解力も無いので複雑な仕事には不向きです。小難しい指示を受けるとすぐ頭がこんがらがり、逆に他人へ出す指示はまるで要領を得ません。長所と致しましては、スーパーやコンビニで売っているパンやカップ麺や100円菓子で立派に満足してやっていけること、磨けるような自分が無いので自分磨きが必要無いこと、物欲が薄く最低限の持ち物があれば十分であること、いくらでも代わりが利くこと、燃えるゴミで処分可能なこと等が挙げられます。

 

物とかいう最高にクールな平等主義者

私は「物」であるか「者」であるかと問われたらまあ一応「者」なんだろうけども、近頃は自分に有機物としての資格があるかどうか疑わしく思う。有機物に向いてない。物と者、好きな方を選んでいいよと言われたら躊躇いなく物の方を選ぶ。所有するにしても物がいいし、所属するにしても物がいい。そのために物として冷たく扱われたって構わないが、その代わりに私は物として完璧に振舞わせてもらう。物たる私はSiriじゃないので話しかけられても何も答えないし、学習AIでもないのでおべっかなんか使わずに見たままのことをそのまま表す。物は相手によって態度を変えたりしない。ありふれたボールペンが、使い手次第で高級万年筆に変化したりボソボソの鉛筆に変化したりすることはない。ありふれた人間が、お得意様を相手する時と自分の家族を相手する時とで態度をガラッと変えるがごとき切り替え、そういったことを物はいちいちやらないのである。逆に人間の側が、ありふれたボールペンを高級万年筆のように扱ったり、ボソボソの鉛筆のように扱ったりすることはあるかもしれない。

 

おかしい人間はお前のほうじゃい

まあしかし、なんというかだね?過去にクソ客と遭遇した経験が幾度となく積み重なった結果、四六時中クソ客のことを警戒せざるを得なくなり、なんてこたあない普通のお客様に対しても警戒心バチバチになってしまって8時間ずっと警戒心剥き出しで接客してそのせいで死ぬほどくたびれて、ひいては街中ですれ違う人間に対しても、スーパーで同じ商品棚を眺めている人間に対しても、隣で横断歩道の信号待ちをしている人間に対しても、「もしかしたらこいつはおかしい人間なんじゃないか?急に叫びながら殴りかかってきたり政治や国際問題や宗教の話をふっかけてこないだろうか?」って警戒心バチバチになってしまって、そのうち全人類に対して警戒心バチバチになってしまうんじゃないかと危惧しているのだ。それもこれも、私が「者」であるせいだ。もしも私が「物」だったなら、誰に対してもニュートラルでいられたのにね。

 

 

f:id:shirokuro_044:20201124073939p:plain

これ自体「意味が有る」が無くて「意味が無い」が有る覚書|「無い」も「有る」も「有る」し「無い」

そこに無ければ無いですね

「無い」ということはすなわち「  」ということなのか、それとも「無い」というそれそのものが「有る」ということなのか。これは長いこと噛んでいられそうな哲学のガムだ。個人的には後者であることを願う。「無い」というそれそのものがそこで終焉を迎えてほしくないからである。後者の「無い」はきっと無限に続く。「無い」は勿論『無い』、「無い」が「有る」のも『無い』、「無い」が「有る」のが「無い」のもまた『無い』だからである。そうしたところで何も生まれないと分かっていながら、悪あがきのように手持ちの0と0を足したり引いたりかけたり割ったりして、『無い』の数式は永遠に続くのである。無いものは無い。自分の外に無いものは無いし、自分の中に無いものも無い。あれやそれがどこにも無いことを、「  」ではなく「無い」が「有る」と看做すことによって、全ての「無い」にも意味があると思いたいものだ。

 

全てのあるを有ると書いて全てのないを無いと書くと文章が視覚的にメチャクチャくどくなることは承知なんですけどまあ普段の記事ではその時の気分であったりなかったり有ったり無かったりしてます

 例えば、私にはこれといってやりたいことが無い。やりたいことが無いというそれそのものが、私の中に「有る」のである。危うく「無いという概念が有る」と書くところだった。「無いというそれそのもの」と「無いという概念」は全くの別物じゃないか。パンそれそのものとパンという概念は違う。パンそれそのものは”それそのもの”なのだから、我々にとってもアンパンマン世界の住人にとっても同じくしてそこに有るが、パンという概念は我々とアンパンマン世界の住人では大きく異なる(はず)、まあつまりそういうこと。ええと、それで、私の中にはやりたいことが無いというそれそのものが……いや待て、本当にそれそのものが有るのかな?それとも無いという概念が有るに過ぎないのかな?要するにこう、私にとってもあなたにとっても誰かにとってもアンパンマンにとってもジャムおじさんにとってもバイキンマンにとっても同じくしてそこに有る「やりたいことが無い」なのか、それとも私にとっては これこれこういう風に・・・・・・・・・・ 「無い」が、ひょっとするとバタコさんにとっては それそれそういう風に・・・・・・・・・・ 「無い」かもしれないような「やりたいことが無い」なのかな?

 

「有る」は無いが「無い」は有るものなーんだ

この流れはアレだ、本題の解明に取り掛かる前に本題周りのアレコレの定義やら証明やらひとつひとつ丁寧にやっていったらそれが終わる頃には本題が何だったかさっぱり忘れそうになるアレだ。ハイデガーの『存在と時間』の如く。さて、私の中には「やりたいことが無いというそれそのもの」が美術館の展示品のように陳列されてそこに有るのか、それとも「やりたいことが無いという概念」が美術館の解説パネルのように壁にかけられてそこに有るのか。まあこの際それはどちらでもいい。学芸員が展示品たるそれそのものに手を加えたらクビになるどころか下手したら捕まるかもしれないが、解説パネルの文言に手を加えるくらいじゃ悪いことにはならない、というかそれが仕事である。それそのものにはいじくる余地がどこにもないが、概念にはいじくる余地がある(かもしれない)。とある容器にとある何かが全然入ってないじゃんという時の「全然入ってない」という概念でさえ人それぞれだ。1回分の使用量に満たないことを「全然入ってない」という人もいれば、1滴さえも入ってなくてはじめて「全然入ってない」という人もいるだろう。一方で、とある容器にとある何かが幾分か入っているかもしれないし入っていないかもしれない、その容器と入っているかもしれないし入っていないかもしれない何かをひっくるめたそこにあるものが「それそのもの」であって、それ自体は誰にとっても変わらないものだ。ええと?つまり?「無い」というものがどの程度において「無い」のか、或いは「無い」というものがどの程度において「有る」のか……私さっき「まあこの際それはどちらでもいい」って言いませんでしたっけ?

 

そのうち白黒れむは考えるのをやめた

私の中には「無い」がたくさん「有る」から「大無い持ち」だね、わあい

 

 

f:id:shirokuro_044:20201122090543p:plain

あの世の本棚なんかに絶対屈したりしない覚書|あの世の本棚には勝てなかったよ……

読みかけの作品があります(半ギレ)

体調が優れない時ほど読書が捗る。このままポックリ逝くなんてことは万が一にも無いだろうが、億が一、兆が一には起こりうるかもしれないという滑稽な焦燥が、私を読書に駆り立てるのだ。ちょっと待ってくれ。まだプラトンの著作を全部読んでない。ニーチェキルケゴールのやべー本もまだまだ読み足りない。カントもヘーゲルも積んだままだ。スマホアプリの青空文庫ビューアには芥川龍之介の『芋粥』が読了率39%のまま残っていて、毎日毎日「読みかけの作品があります」と通知で脅してくる。かれこれ1ヶ月くらいは脅されていると思う。いつまでも放ったらかしにして通知を切らない私も大概だが、青空文庫ビューアからしても「どうしていつまで経っても続きを読まないんだ?こいつはあと何べん言ったら分かるんだ?」とさぞかしイライラしていることだろう。ハァ。どれもこれも、人生の長さに対して読みたい本が多すぎるのが悪い。「あの世にも本はある」ということをたった一言誰かが保証してくれたなら――私は絶望しながら安心するだろう。

 

あんたはすごい

ソクラテス先生なら、きっと笑顔でこう言うと思う。「いいかい、あの世には本があるどころか、本を書いた当人たちがそこで暮らしていて、我々が死んだあと彼らと直接語り合うことだって夢じゃないだろうから、一体何を焦る必要があるのかね」と。そう、アイツはそういうヤツだったな。毒杯を仰ぐ直前に「死んだらあの世で何をしようかな」ってウキウキしてるのがソクラテス先生だ。なあ先生ちょいと聞いてくれや、私は基本あの世では何もしたくないのさ。何もないところで、何もせずに、何者でもないようにやる、いやそれすらやらないようにやっていたいのだ。だからあの世に本があるとか作者がいるとかそういうことが保証されてしまっては大いに困る。私はきっと、あの世においても書物の誘惑に負けてしまうだろう。ふええ疲れたよおもう何もしたくないよおと言いつつ本棚を漁ってしまうのだろう。ところがどっこいその一方で、何もしたくないとぼやきながら、仮にあの世にも本があるのなら、この世で半分あの世で半分読んだら良いのでは、などと考えてしまうお調子者の自分もいる。こっちとあっちで半分ずつ、読書欲という負債をうまいこと折半して――ああ、いや、そうだった、違うんだ、私はあの世では何もしたくないんだった、何もしたくないからこの世にいる間に読める限りの本を読むのだ、あれもこれも、一体どれから手をつけたものか、オイオイ黙って見てりゃちょいと あんたわたし 落ち着きなされよ、あの世でも本は読めるんだからそんなに焦らんでも、イヤイヤだからあの世で本は読まないんだってば、アーーー

 

本が読みたいことと本を読むことは違うんだ

1番の悪手は、この世においては「どうせあの世で読めるんだから」と言ってこの世の読書を放棄し、あの世においては「やっぱり何もしたくないわ」と言ってあの世の読書を放棄することである。それに比べたら、この世でもあの世でも読んでみたり読むのをやめてみたりまた読んでみたりして1人でわちゃわちゃするくらい可愛いものだ。まあ実際は、あの世に本があるかどうかなんてこの世の人間は誰も知らないわけだけれども。「あの世で本が読めるか分からんし、仮に読めたとしても読む気分になるかも分からんが、かといって読めない保証も無いわけだし、この世ではそこそこに読んでおこう」くらいが賢い。この世に読みたい本はいっぱいある。あの世にも読みたい本があったら素敵だなとは思う。けれどあの世ではなーんにもしたくないんだよな。この世でもなーんにもしたくないけどさ。

 

 

f:id:shirokuro_044:20201122091727p:plain

人間ちゃんのおすわりについての覚書|二足歩行が出来ることを他の動物に自慢するためにずっと立ってる説

人間電動ドリル

例えば極限の疲労とか、抗いがたい気圧の変化などによって、この肉体を地中深く、足元の地面へ引き摺り下ろさんとする力が働いたとしても、我々は真下に向かって倒れることは出来ない。ウム。我々が倒れるとしたら、前か、後ろか、もしくは左右に向かってである。その場にしゃがみこむことは真下に向かって倒れることに限りなく近いが、真下に向かって倒れることそのものではない。真下に向かって引っ張る力に従って真下に向かって倒れようと思ったら、「真下」という性質上、我々は直立の体勢を維持していなければならない。しかし、「倒れる」という性質上、我々は何らかの形で肉体を崩折れさせなければならない。直立の体勢で崩折れる、なんて器用なこと我々には出来っこない。だから、我々はいくら真下に引っ張られようと、真下に向かって倒れることは出来ないのだ。ウム。何言ってんだ?

 

もう死ぬゥって声に出して言えてるうちは大丈夫って母が言ってました

しかし考えてもみると、疲労感、あいつらはいつも決まって真下に向かって我々を引っ張るではないか。いっそ前や、後ろや、左右に引っ張ってくれさえすれば、我々は気軽に倒れることが出来るのに。病は我々を前や、後ろや、左右に引っ張る。一方で疲労感は真下へ向かって我々を引っ張る。人間、「クッソ疲れた死ぬゥ」くらいじゃ倒れないように出来てるのが正直納得いかない。「あっ白黒さんまた電池切れてるよ」くらいの気軽さで、もっとパタパタ倒れて、それで1時間後くらいに起き上がって、気まずい思いをしながら日常生活に戻るくらいの、それくらいの「倒れやすさ」が人間に欲しい。疲労感に襲われた人間がそこらじゅうに転がっていて、それを誰も気に留めやしない。そうなると本当に危機的状況でぶっ倒れている人との区別が付かなくなるのが難点だが、人類が皆気軽にパタパタ倒れられるような生き物になったのなら、本当に危機的状況で倒れている人間は全身が発光するとか、それくらいの進化は遂げていることだろう。道端に転がっている人間の中に光っている人がいた時だけ、救急車を呼べば良いのだ。

 

人間!おすわり!

どれだけ真下に向かって引っ張られようとも、倒れることすら出来ずに頑張って頑張って頑張って踏ん張ることを強いられている人間って一体何なんだろう。動物の生態には詳しくないから知らんが、大抵の動物は修羅場でもない限り、自分の身体が真下に向かって引っ張られたときはちゃんとおすわりすると思う。おすわりでも間に合わないときは、その場にごろんと転がるのだ。一方、人間が自分の身体を真下に向かって引っ張る力を感じてその場にごろんと転がったら頭のおかしいヤツ扱いされるし、それどころか一時的なおすわりでさえ周囲から心配されれたり不審がられたりする。なんでや。猫ちゃんはそのへんでおすわりするやろ。人間ちゃんもおすわりしてええやろ。現状では、人間ちゃんがそのへんの道でおすわりしていたら通りすがりの知らない人から大丈夫ですか?と声を掛けられることもある。やさしい世界。まあ、それ自体は良いのだ。本当に危機的状況でおすわりしている場合もあるだろうから。だからこう、バイト休憩中につける「休憩中」のバッジみたいな感じで、頭上に「おすわり中」の表示を出しさえすれば、いちいち声を掛けられることなくひとり静かにおすわり出来ると良い。とはいえ、三毛からハチワレまで、野良猫が至るところでおすわりしているのは微笑ましいが、学生からリーマンまで、人間が至るところでおすわりしているところを想像するとキモい。早く価値観が是正されないかなあ。

 

ボーナスステージ

肉体疲労がわりと限界なんですがあと1日働けば休みだがんばるぞい あと8日働いたら休み

 

 

f:id:shirokuro_044:20201120115004p:plain

計算が出来ない鍋と愉快な仲間たちについての覚書|成長したけりゃ鍋を出せ

今週のお題「鍋」について

鍋には二種類ある。自分の手によって成立する鍋、自分と他人の手によって成立する鍋、他人の手によって成立する鍋、計算が出来ない鍋だ。順番に見ていこう。自分しかいない空間において、自分が用意した鍋の中に、自分が選んだ食材を入れ、自分が選んだつゆで煮込み、自分の加減で食すのが「自分の手によって成立する鍋」である。次。自分と他人がいる空間において、自分もしくは他人が用意した鍋の中に、自分と他人が選んだ食材を入れ、自分と他人が選んだつゆで煮込み、自分と他人の加減で食すのが「自分と他人の手によって成立する鍋」である。次。自分と他人がいるが自分には決定権の無い空間において、他人が用意した鍋の中に、他人が選んだ食材を入れ、他人が選んだつゆで煮込み、他人の加減で食すのが「他人の手によって成立する鍋」である。次。1+1+1+1=2。「計算が出来ない鍋」である。以上。よって、鍋には二種類ある。

 

「自分の手によって成立する鍋」について

自分の嫌いな食材は一切入れなくていいし、自分の嫌いなつゆは使わなくていい。シャキシャキの白菜が好きなら早めに食えばいいし、しなしなの白菜が好きなら長めにおいてから食えばいい。「オイオイその白菜ほぼ生だろ、ニワトリかよ」なんて野次を飛ばしてくる外野はいない。ヒョオ!鍋を食べる時はね、誰にも邪魔されず、自由で、なんというか救われてなきゃあダメなんだ。独りで静かで豊かで……。一方、「自分の手によって成立する鍋」は自分の能力と責任の範囲を超えてファンタスティックな鍋になることはない。用意は自分の能力と責任の範囲で、調理も自分の能力と責任の範囲で、片付けも自分の能力と責任の範囲で。何らかのミラクルが起こらない限り、鍋の中で化学反応が起こることは無いだろう。自分には到底思いつかないようなアイデアが、自分の中から見つかることは無いのだから。自由という名の具材を、孤独という名のつゆで煮込むのである。自分の能力と責任の範囲で全てを賄う鍋が、「自分の手によって成立する鍋」。人生に似てますね。

 

ハンバーガーについて 「自分と他人の手によって成立する鍋」について

突然だが、あなたの好きなもの、食べ物でも本でも音楽でも何でもいい、それらのうちで、他人に教えてもらったものがいくつあるか考えてみてほしい。あなたにハンバーガーの美味しさを最初に教えてくれた人は一体誰だ?あなたがまだハンバーガーのハの字も知らないうちから、「ハンバーグとレタスとトマトをパンで挟んだ食べ物はきっと美味しいに違いない、そしてそういうものを200円くらいで売っている店が近所にあるに違いない」と、 ある日突然思いつく・・・・・・・・・ なんてことがあるだろうか?他人から教わることは多い。鍋もいっしょ。他人が持ってきて他人がぶちこんだ食材の中に、自分には思いつきもしないようなものがあったなら、それは「他人からの教わり」を意味する。これこそが他人の手が混じった鍋の醍醐味である。ハンバーガーのことを何も知らない状態で他人から教わる「ハンバーガー」なる食べ物の存在は大きい。これまでずっと昼飯にはおにぎりを持参していた人間が、他人に教わった「ハンバーガー」なる食べ物をいたく気に入って、それ以降ずっと昼飯に「ハンバーガー」を食べるようになるかもしれない。握り飯がハンバーガーになったところでそれがどうしたと言ってしまえばそれまでだが、もしかするとたまたま足を運んだマクドナルドで人生を変えるような出来事が起こるかもしれない。12歳くらいまで狼に育てられた人間がいたとして、彼ないし彼女が 完全な独力・・・・・ ハンバーガーという食べ物にありつくまでに一体どれほどの年月がかかるというのか。他人と上手くやっていける人間ほど、他人から上手いこと「ハンバーガー」のことを教えてもらえる人間ほど、人生も上手なわけだ。私は鍋の話をしていたはずでは?

 

「他人の手によって成立する鍋」について

 店で食う鍋が「(自分の介入する余地なく)他人の手によって成立する鍋」であるかかどうかは甚だ疑問ではあるのだが、色々面倒くさいので、頑固親父にマンツーマンで作ってもらう贅沢な鍋屋でも想定して頂きたい。頑固親父が選んだ鍋の中に、頑固親父が選んだ食材を入れて、頑固親父が選んだつゆで煮込み、頑固親父が厳格に定めた「食べごろ」に従って正しく粛々と食す鍋ということにしておこう。頑固親父は鍋のプロなので、彼の指示に従っておけばひとまず万事オッケーなのだ。頑固親父が「白菜はシャキシャキのうちに食え」と言うならそうするし、「白菜はしなしなになってから食え」と言うならそうする。「自分と他人の手によって成立する鍋」との違いはといえば、「自分は白菜シャキシャキ派なのですが」とか「自分はホルモンが苦手なのですが」とか「ちょっと味が薄いので醤油足して良いですか」と言ってそれが認められるとは限らないことである。頑固親父が白菜はしなしなって言ってるからにはしなしなで食うべきだし、ホルモンを入れたからにはホルモンも食わなきゃならんし、薄味こそ食材本来の味が生きると言われたら薄味で食わねばならぬのだ。然るべき時に。それがうちの店の正しいやり方だ。嫌なら他所の店で食いな。教わることと、指示されることは違う。とはいえ、目の前で展開されている鍋は「完璧な鍋」なので、自分の意思さえあれば、そこから「学ぶ」ことは出来る。ウーン、気の利いたオチが浮かばないのでここで〆ます。〆は雑炊です。「自分、〆はラーメン派なのですが」と言おうとも、この店ではそれが一切許されないのです。

 

誤差だよ誤差

 一生に食う鍋の数を10とした時に、上の3つの鍋はどのくらいの割合で楽しむのがベストなのだろうか。自力も大事だが得るものの大きさを考えれば協同の配分を多めにした方が良かろう。他力に関してはここぞという時に食べるくらいで差し支えないと思う。「自分の手によって成立する鍋」が4、「自分と他人の手によって成立する鍋」が7、「他人の手によって成立する鍋」が2くらいかな?私の個人的な好みを大いに反映させるならば、9・1・4になる。基本的に鍋は独りで食いたい。他人に遠慮しながら食う鍋はぶっちゃけ苦手だ。んで、もし上手いやり方があるならそのやり方通りに従うから積極的にやってみせてほしい。総数10に対して鍋の数が溢れてるって?あー、ウン。それは「計算が出来ない鍋」です。

 

 

f:id:shirokuro_044:20201119095839p:plain