珈琲三杯|思索のための思索

限界フリーターが毎日の思索を書き綴る。手帖の代わり、或いはゴミ箱。

巡る堂々、その先についての覚書|その先に何があるのか何かがあるのか何かがあると思っているのか

先が思いやられる導入だなあ

私はよく「先」について考えてるけど、いつも加減が分からなくて困っている。はて、我々が「先」について考えるとき、どのくらい「先」について考えるのがよいだろう。なんだかすごく頭が悪そうな文章だ。実際頭が悪いので仕方ない。我々が思案すべき「先」、その最適解とは。おお、ちょっとだけ頭がよさそうな文章になりましたね。でもこれじゃこの先考えるのにちょっと都合が悪いのでやはり頭が悪そうな文章に戻します。えー、どのくらい「先」について考えるのがよいのだろうという疑問。この場合の「どのくらい」とは、長さでもあり、深さでもあり、広さでもあり、大きさでもあり、多さでもあり、それ以外の色々であるところの、「どのくらい」ですよ。

 

 

例えば「お先真っ暗」っていうときの先がどのくらい先なのかってかなり重要じゃないですか

えー、まず我々は、時間的にどのくらい「先」について考えるのがよいのだろう。差し当たり1日くらい先のことを考えておけば事足りる?1週間くらい先のことを考えておけばいい?1ヶ月くらい先のことまで考えた方がいい?1年くらいは考えておいた方がいい?それとも10年?20年?はたまた100年?ウーン。私はここで、いつも躓く。明日のことを考えるのにもウンザリするのに1週間、1ヶ月、ましてや1年以上先のことなんて考えてられっか、と思う日もある。かと思えば、明日のことを考えるよりも10年20年くらい先のことを考えている方が気が紛れる日もある。不思議だな。イヤ不思議でもなんでもないか。1日先に希望が見つからなければ10年先のことを考えていた方が気楽だし、10年先に希望が見つからなければ1日先のことを考えていた方が快適なのは、言わずもがな、自明の理である。

 

人間のお気に入りは「容易に手が届くもの」と「決して手が届かないもの」だからね

えー、続いて我々は、空間的にどのくらい「先」について考えるのがよいのだろう。差し当たり自分の体内とか自分の皮膚の裏側くらいのことを考えておけばいい?せめて体表くらいまでのことは考えた方がいい?それとも腕を伸ばして届く範囲のことを?はたまた足を運んで届く範囲のことを?よもや、到底今の自分には届かない範囲のことまで考えろとは言いますまいな?私はここで、いつも躓く。自分より先にあるものを全て遮断して自分の体内とか自分の皮膚の裏側のことだけ考えていたい日もあるし、逆に、地球の裏側とか、宇宙の果てとか、銀河のその向こうについて考えていたい日もある。どちらにも共通していることは、ぼやけた像としての「先」しか見たくないということである。ホラ、物体は目に近すぎてもぼやけるし、遠すぎてもぼやけるでしょ。まあそれと同じで、限りなく0に近い「先」について考えるか、限りなく∞に近い「先」について考える方が、ぼんやりできて心地がいいのだ。

 

たいへんよく理解できませんでした

まあこんな具合で、時間空間以外にも、面積とか、体積とか、重量とか、質量とか、数とか、形相とか、質料とか、形而上とか、形而下とか、なんかそれっぽい感じで表現されるようなたくさんの「先」が我々の身近にあって、ひとくちに「先」について考えるといっても、そのやり方はあまりにも多すぎるということです。皆さんには私の言っていることが分かりましたか?私には分かりませんでした。

 

テーマ自体は興味深くて好きだよ

「先」を取り扱ってる短い論文を見つけたので試しに読んだけど

「先」と「前」によって示される空間と時に関する表現の分析(2014)

?????ツッコミどころ多すぎない???多分私の書く文章より多い

 

上の論文に関係してちょっとしょーもないお尋ねなんですが

例えばなんですけど「アルミ缶の先にあるみかん」と「アルミ缶の前にあるみかん」ってそもそもみかんの位置が真逆じゃないですか?私の感覚がおかしいのかな?同じく「アルミ缶の先にあるみかん」と「アルミ缶の手前にあるみかん」の場合も、位置は真逆ですよね?でも「アルミ缶の先にあるみかん」と「アルミ缶の前方にあるみかん」にすると位置が一緒になりますよね?違う?ウーン?この場合「アルミ缶の前」という言葉が「アルミ缶の手前」とも「アルミ缶の前方」ともとれるのがなんかよろしくないよね。

 

わたし的にはこうなんですけど

「アルミ缶の先にあるみかん」  私  アルミ缶 みかん

「アルミ缶の前にあるみかん」  私  みかん アルミ缶

「アルミ缶の手前にあるみかん」 私  みかん アルミ缶

「アルミ缶の前方にあるみかん」 私  アルミ缶 みかん

みなさん的にはどう?

shirokuro-044.hatenablog.jp

 

お土産よろしくな

1日先の自分の体内について考えるのも、10年先の銀河のその向こうについて考えるのも、あるいは10年先の自分の体内について考えるのも、1日先の銀河のその向こうについて考えるのも、考えるだけなら概ねタダだ。わあい。個性豊かな「先」を組み合わせて自分だけの最強の「先」を作ろう!組み合わせは無限大!……ああだからその”自分だけの最強の「先」”とは如何なるものかって話をしてるんだ。これじゃ堂々巡りだ。ところで堂々巡りの堂々ってなに?まあとにかくこの堂々も巡るからして、距離があって、空間があって、なんかこう公転みたいな運動があって、時間もあって、私なんかじゃ到底たどり着けないような「先」を観光して、戻ってくるんだろうなあ。

 

 

うまあじ派はかしこくない覚書|つらあじ派はかなしいな

皮膚科の薬でも完治せず2年以上鎮静と再発を繰り返してきた手荒れが市販のオロナイン軟膏(250円)でみるみるうちに治っていく様を目の当たりにして一言

診療費

飲み薬代

塗り薬代

診察を待つ時間

ガーゼ代

絆創膏代

ゴム手袋代

ガーゼを巻くために早起きした30分

ガーゼの貼替えに消費される休憩時間

ガーゼと絆創膏が蒸れて手指臭すぎ問題

2年分の苦痛

やっぱりオロナインがナンバーワン!

 

自分が到達した土地を死ぬまで大阪だと思い込んでいた一般人

まあ、人生そういうこともあるよね。解決策がどこに転がっているか判明してるんなら初めから苦労なんてしないんだから。東京から大阪へ行くのに太平洋大西洋インド洋横断航路を取るくらい遠回りをしたけど結果として大阪に着いたんだからいいじゃん(よくない)みたいな。いやそもそも、そこ、本当に大阪だったんですかね?あなたが大阪だと思い込んでいたその土地は全く別の国、全く別の大陸ではありませんでしたか?令和のコロンブスここに在り。アメリカ大陸在住のインディアン(大阪人)って意味わかんねえな。まあとにかく、それくらい遠回りをしたってことです。

 

我等はただ黙するのみ

遠回りこそ人生の醍醐味――――とは、東京から出発してアメリカに上陸したりヨーロッパに上陸したりアフリカに上陸したりインドに上陸したりなんやかんやありつつも最終的に大阪に辿り着くことのできた人間だけに許される、特権的発言である。アメリカで生涯を終えたりヨーロッパで力尽きたりアフリカで消息不明になったりインドでソーンパプディを作っている間に天に召されたりする人間がほとんどである中、なんやかんやで大阪に辿り着くことができたというのはまことの才能或いは幸運だからである。目的地に辿り着くことのできたほんのひと握りの有能な、幸運な人間だけが、遠回りの醍醐味を語ることができる!……ああ、なんて残酷なんでしょ。

 

旨味(うまあじ) 辛味(つらあじ)

だったら、なんやかんやあったけどオロナインという最適解に辿り着いた私も、遠回りの醍醐味を語る権利を有するのではないか?ウーン、答えはイエスであり、……いや、イエスではなく、ノーである。私は遠回りの醍醐味なんか語れやしない。食ったことのない醍醐の味なんて語れやしない。そこに醍醐はなかった。私の通ってきた道程に醍醐なんてものはなかった。醍醐、言うなればうまあじ。そこにうまあじなんて何ひとつなくて、そこにはただ腐りかけの牛乳がひっくり返っていただけでした。無駄にかかったお金、無駄に消費された時間、無駄に長引いた苦痛……一体どこにうまあじが存在したというのだろう。私にできることといえば……自虐!これしかない!「ここ2年くらい金も時間も苦痛もめちゃくちゃ浪費したけど最終的にドラッグストアで300円くらいで買えるオロナインがすべてを解決してくれましたワッハッハ」……これはうまあじではない!つらあじちなみに醍醐は蘇と同じく既に製法が失われた幻の乳製品です。

 

よくわかる大航海時代

クリストファー・コロンブスアメリカ大陸をインドだと思ってた人

バルトロメウ・ディアス⇒ヨーロッパ人で初めて喜望峰に到達した人

ヴァスコ・ダ・ガマ喜望峰を通ってインドに到達した人

アメリゴ・ヴェスプッチ⇒アメリカが新大陸であることを発見した人

 

よくわかる大後悔時代

うわあああああああああああああああああああああああああああああ

あああああああああああああああああああああああああああああああ

ああああああああああああああああああああああああああ

ああああああああああああああああああああああああああああああん

 

 

【公式】オロナインH軟膏|大塚製薬

ザ・覚書|ザ・許されたい女

ザ・ぜんぜん人の話を聞かないカップ

わたし「ところでお客様」

ぜんぜん人の話を聞かない彼女「えーでも絶対前の髪型の方がよかった」

ぜんぜん人の話を聞かない彼氏「は?なんで?」

わたし「身分証明証を」

ぜんぜん人の話を聞かない彼女「前髪重たい方がよかった」

わたし「あの」

ぜんぜん人の話を聞かない彼氏「前の髪型セットに9時間かかっとったから」

わたし「お客様」

ぜんぜん人の話を聞かない彼女「(笑)」

わたし「(お前らマジ絶対許さんから覚えとけよ)」

ぜんぜん人の話を聞かない彼氏「でも今はシンプル・イズ・ザ・ベストよ」

わたし「許した」

 

ザ・許した

あーもう全部許した。悔しい。それまで全然こっちの話聞かずに受付で雑談に耽ってたのもこっちが説明しようとしたそばから遮ってわかんなーいわかんなーいと騒いでいたのも私の目の前でお互いの頭や顔をベタベタ触りあっていたのも全部許した。いやだってさ、シンプル・イズ・ザ・ベストですよ。ザ・ですよザ・。こんなん許すに決まっとるやろ。お前店員の話はぜんぜん聞かないくせに一丁前に冠詞は付けるんだな。ザ・チャラ男って雰囲気しといてさ。許したわ。シンプル・ヘアスタイル・イズ・ザ・ベストってことやんな。しらんけど。セットに9時間かかっていた以前の髪型(?)と比較して・・・・、今の髪型の方がベストってことやんな。だから、絶対そうしなきゃならんってわけじゃあないけれど、どっちかといえばザ・を付ける方がベターやねんな。ベストだけど、ベターやねんな。しらんけど。

 

ザ・ザ・ダイソー

私もこんな風に許されたいよね。シンプル・イズ・ベストと言いがちなところをシンプル・イズ・ザ・ベストと言ったからというただそれだけの理由で何もかもを許されたいよね。ザ・というただ一音、ただそれだけを以てそれまでの悪行を全て許されたいよね。ザ・って言ったら、全て許してくれますか?積極的に後ろめたいことをしてきたわけじゃないけれど、結果として後ろめたいことになったという経験ならたくさんあるから。そういうときに、ザ・を付けたというただそれだけの理由で、きれいさっぱり、全部許されたいよね。ダイソーのことを頑なにザ・ダイソーと呼び続けたら、許してもらえるかな?「そうだ、ザ・ダイソーで買いたいものあったんだよね」「これ?ザ・ダイソーで買ったやつだよ」など。ウーン。ぜんぜん人の話を聞かない彼氏に比べて知性がほとんど感じられないな。それに、ダイソーのことをいちいちザ・ダイソーと呼ぶ人なら普通にいそうだ。

 

ザ・素手で鬼を殴り倒せそうなお兄さん

ちなみにその日はメチャクチャ強面のお兄さんが鞄に鬼滅の刃のマスコット付けてたのもよかった。炭次郎と義勇さんの。結構デカいやつだった。存在感がすごかった。お兄さんの存在感もすごかったけど。祭りの屋台で焼きそば焼いてそうな感じだった。もしくは海の家だ。腕ムキムキでめちゃくちゃ強そうだったからひょっとしたらジムトレーナーのお兄さんとかそんな感じかもしれない。 

www.taito.co.jp

あー多分これだったと思う

 

ザ・ラスト

特にオチはないです

 

 

f:id:shirokuro_044:20220408132030p:plain

D.328 2009/02/11 01:47 (UTC), CC BY-SA 3.0, via Wikimedia Commons

あったりなかったりがなかったりあったりする覚書|あったりなかったりなかったりあったりしろ

ATMって100年後もああいう形なのかなって思ったけど100年後には現金の流通そのものが終了してる可能性もある

最寄りの銀行が移転したってんでここ最近ずっと給料日には遠い銀行までテクテク歩いていたのだが、どうやらATMだけは元の場所に残っていて、フツーに利用できたらしい。なんじゃそりゃ。あの建物は工事を入れるでもなく売り払うでもなく、当面そのままATMを置いとくためだけに残されるのか。贅沢だなあ。でもいつかは無くなるのかな?流石にこの先5年も10年もこのままってことはないだろう。でも1年や2年はそのままかもしれない。あのATMが正真正銘無くなったら、また遠い銀行までテクテク歩いて行かにゃならんのか。とはいえ、私があの場所に銀行があることを 発見する・・・・ までは、当たり前のように遠い銀行に足を運んでいたのだ。で、ある日「なんや!こんなとこに銀行あるやんけ!」となって、より近いあの場所の銀行に通うようになった。つまりがあのATMが無くなったところで元に戻るだけなのである。そこに不満を示すのは、便利に慣れきった身特有のワガママというものだろうか。

 

かしこ…………い?

最初から今までずうっとないよりもあったものが途中からなくなる方がより不便に感じてしまうのは人間のサガというかエゴというか。でも人間はそれなり(それなり)によく出来ているので、最初はなかったものが途中からあるようになり、そのあるようになったものがまたなくなって不便を強いられても、やがてないことに適応していくのだ。あたかも最初から今までずうっとなかったかのように振る舞えるのだ。「なくなったら困る」と感じるものは身の回りに多々あれど、実際なくなったところで、なんやかんや代わりを見つけたり、不満を漏らしつつも埋め合わせたり、都合よく忘却したりして、うまいことやっていく。ウム。手ずから作り上げては手ずから失うことが得意なフレンズなのだ。

 

変な語尾ザウルス

あったものがなくなった瞬間も寂しいが、なくなったこと自体が自分の中からなくなった瞬間もまた寂しいものだ。まあその瞬間当人は気づかないので寂しさを感じようもないのだが。当人が寂しさを感じるとすれば、なくなったこと自体がいつの間にか自分の中からなくなっていたことに気づいた瞬間だ。あることを忘れていたという過去を思い出した瞬間だ。あることを直接思い出したのとはまたちょっと違う。「財布を家に忘れてきた」「財布を家に忘れてきたことを忘れていた」とはちょっと違うでしょ。「そうだったそうだった、財布は家に忘れてきたんだった」ってアレですよ。ウッカリっていうか、遠回りっていうか、二度手間っていうか。人間は忘れていたという事実を思い出せるけど、他の生き物はどうですか?「あの木の根元にどんぐりを埋めていたけど先週掘り返しに行ったらなくなっていたでリスー、そのことを忘れて今日またあの木の根元にどんぐりを掘り返しに行ったけど当然なかったでリスー、そこでやっと自分がどんぐりがなくなっていたことに気づいたことを忘れていたことに気づいたでリスー」みたいなこと、ありますか?

 

「あった」「なかった」をすべて切り捨てて目の前の「ある」「ない」だけにひたすら目を向けて生きられたらさぞかし幸せだろうな

「あったものがない」とか「なかったものがある」とか、そういうことにこだわりたがるのはきっとある程度賢い生き物だけなんだろうなあ。しらんけど。「ある」「ない」にこだわる生き物はそりゃ大勢いるだろうけどね。カラスとかおさるさんなんかは、人間と同じように、「なんでや!さっきまであったやろ!」とか「ざけんなや!先週までなかったやんけ!」って考えてそうじゃないですか?一方お魚さんとかは、「ないなあ」「あるなあ」くらいにしか思ってなさそう。そんなことはない?お魚さんもちゃんと「さっきまであったけどないなあ」「先週までなかったけどあるなあ」って思ってますか?昔飼ってたハムスターは……ウーン。水を飲んでる最中にケージの外からそっと給水器を奪い取るイタズラとかしたことあったけど(ひどい)、あいつら「? ない(●・ω・●)」みたいな顔しかしてなかった気がするなあ。「つ゛い゛さ゛っ゛き゛ま゛で゛お゛水゛あ゛っ゛た゛の゛に゛ど゛う゛し゛て゛今゛は゛な゛い゛の゛お゛お゛お゛」みたいな顔してるのはあんまり見たことないな。でも個体によってはそういう顔もするんだろう。多分そういう顔をする個体の方が賢い。まあ、人間ちゃんは賢くない個体の方がよくそういう顔をしますけどね。

 

ね。

 

 

f:id:shirokuro_044:20220418121028p:plain