珈琲三杯|思索のための思索

限界フリーターが毎日の思索を書き綴る。手帖の代わり、或いはゴミ箱。

安心行きの切符を買って不安行きの電車に乗りこむ覚書|記事が迷宮入り

ポエムだ!逃げろ!

なにも心配する必要がない生活は実に魅力的であるが、実際なにも心配する必要がない生活に落ち込んだとき、人は一体なにを本分として生きていけばいいのだろう。心配することは人の本分ではないかね。心配、不安、疑念、恐怖、人の行為はだいたいそういう類のものから始まるのではないかね。人が最初から無限の安心の中で暮らしていたならば、そこにもはや人を駆り立てるものはなにもなくて、そのためにまた、無限の安心の中にいられるのになあ。

 

つまりなんなんですか

無限の安心の中で暮らしたい

 

そもそもこの世界が迷宮みたいなものですし……

この世に私を駆り立てるものがないでもないが、私はそれに駆り立てられたとしても行き着く先がないのである。この世のどこかに出口のない迷宮(お徳用)があって、それに迷い込んだとしても、それは進む道があるだけマシだと思う。もっと言えば、入口があるだけマシだと思う。本当におっかないのは、入口もなければ進む道もないことである。それゆえに己は虚無の中を右往左往しているつもりで、実際は右往も左往もしておらず、その場で右を見たり左を見たり、いやそれさえも右を見たり左を見たりしているつもりでしかなく、死後硬直を済ませた身体のように1ミリたりとも動いていないのに、自分ではなにかをしているつもりになっている、そういうのがいちばんおっかない。

 

タダでなにかをしてくれる存在がいたらそれはもう悪魔だ

「必要な安心はこちらで全て用意するから、お前はもうなにもしなくてよい」と言ってくれる神ってなかなかいないものだな。いないですよね?いたらすいません。お詫びに信仰します。「必要な安心はこちらで全て用意するけど、お前はそれに相応しいなにかをしろ」か、「お前はもうなにもしなくていいけれど、その代わり必要な安心は全て自前で用意してね」の二択である。片方を受け持ってくれているだけでもありがたいと思うべきか。そうか。そうだよな。半分こは大事だもんな。

shirokuro-044.hatenablog.jp

 

あと3年半は絶対今の職を失いたくないけど3年半経ったら地球が爆発してもいい

自分の中で金がおいくら万円貯まったら一区切り、ここが安心のライン、と決めている額があるのだけれど、最近ではそこにたどり着けるか不安になってきたし、それどころかおいくら万円貯めたところで私は安心を得られないのではないかと不安になってきた。安心を目指す動きですらいちいち私を不安にさせる。人間の安心は一体どこにあるんだ。そもそもそのおいくら万円まであと半分以上あるんですがそれは。日給労働者でもないのに、1日1日の労働が終わるたびに、「ああ、今日も無事においくら千円貰えるんだ」と胸をなで下ろすような労働者、そんなにいないと思います。

 

今日文字数少なくない?

休日はだいたいグロッキーなんだよ

 

 

f:id:shirokuro_044:20211025035603p:plain

あのお兄さんについての一筆箋|あのお兄さんとしか言いようがない

あのお兄さんですよ!!!!!

最近話題の呪術廻戦って作品あるじゃないですか……私まだ読んだことないんですけど……その呪術廻戦に、こう、なんかすごい、あの、え、えっちなお兄さんいるじゃないですか……ほらあのお兄さんですよあのお兄さん……そうですあのお兄さんです多分それで合ってます……ちらっと見ただけなんで名前とかぜんぜん分かんないんですけど……なんというかこう……一目でティンと来たんですよね……あっこれ絶対好きになるやつやって直感で分かったから……誰か紹介して(?)……今月中に漫喫行こ……

 

 

f:id:shirokuro_044:20211020204728p:plain

0から10の答えを引きずり出す覚書|かつて自分のことを空の鳥だと思っていたひとりの地底人

はてなブログ10周年特別お題について一言

わたくし箸より多いものは数えたことがありませんの

 

10本で一膳の箸なんて狂気の沙汰ですわ

はてブロ10周年のお題が「10」にまみれていたのを見たときは正直焦った。毎回天邪鬼な記事を書いてこそいるがなんやかんやでお題記事を書くのは好きだし、特別お題とあっちゃあ答えないわけにはいくまいと思うには思ったけれど、キーボードに指を添えるまでが実に長かった。何故と言うに、基本的に10もないからである。なにがって、なんでもさ。なんでもかんでも、あれだってこれだって、私の中に10もないのさ。大事なものを全てを数え上げたっておそらくは10もないだろう。それなのに、はてブロは無情にも私に10を突きつける。大丈夫かな?私、10について書けるかな?

 

前略プロフィールの「前略」って結局なんだったんだろう

とりあえず、1番答えやすそうなお題に挑戦してみようか。はてなブロガーに10の質問。あらかじめ答えることが決まっているのだし、ご丁寧に回答用のテンプレートまで用意してくれているのだし、これねえ、往年の個人HPの「50の質問」「100の質問」を思い出して胸のあたりがギュッとなるねえ。魔法のiらんどとか@peps!とか、最近の中高生は知らないでしょう。あと、前略プロフィールとかね。

 

1.ブログ名もしくはハンドルネームの由来は?

shirokuro-044.hatenablog.jp

 

2.はてなブログを始めたきっかけは?

shirokuro-044.hatenablog.jp

 

3.自分で書いたお気に入りの1記事はある?あるならどんな記事?

shirokuro-044.hatenablog.j

 

4.ブログを書きたくなるのはどんなとき?

shirokuro-044.hatenablog.jp


5.下書きに保存された記事は何記事? あるならどんなテーマの記事?

shirokuro-044.hatenablog.jp


6.自分の記事を読み返すことはある?

shirokuro-044.hatenablog.jp

 

7.好きなはてなブロガーは?

shirokuro-044.hatenablog.jp

 

8.はてなブログに一言メッセージを伝えるなら?

shirokuro-044.hatenablog.jp

 

9.10年前は何してた?

shirokuro-044.hatenablog.jp

 

10.この10年を一言でまとめると?

shirokuro-044.hatenablog.jp

 

ここに答えの全てを置いていこう

過去の自分もたまには役に立つものだ。過去記事だけでおおむね回答が完了してしまった。人の全ては過去の積み重ねで出来ていることを証明してしまった。来年のノーベル賞ください。いや……いやね、私、結構いろいろなことをこのブログで書いてきたんだなって。労働と人間に対する恨みつらみばかりを書いてきたと思っていたが、まあ実際そうなんですけど、人からなにかを問いかけられたとき、それの答えになるような記事を案外たくさん書いてきたんだなって。かなり初期の頃の記事も含まれていて、自分で読み返していてあまりの面白くなさに眩暈がしそうになったが、勇気を振り絞ってここに載せた。あれは悪天候やストレスからくる眩暈と違って、例えるなら、わりかし機嫌がいいときに(ここ大事)、可愛い我が子の元気なやらかしによって台風一過のごとくめちゃくちゃになった部屋の中を見て、一瞬気が遠くなるんだけど、それでも不思議と微笑を浮かべてしまうような、ああいう甘ったるい眩暈だ。また、問いの答えとしては少々強引な記事チョイスもあるが、そこにはどうか目を瞑って……ああいや、目は開けて、目は開けてね。目を開けておかないと、文章が読めないからね。

 

とはいえ

流石に過去記事を載せてはいおしまいはあんまりなので、一応文章形式でも答えておこうかな?

 

1.ブログ名もしくはハンドルネームの由来は?

コーヒーを1日3杯くらい飲むからです。3杯くらい飲むというのは、日によって2杯飲んだり4杯飲んだりするということです。苗字は白と黒が好きだからです。名前はかれこれ15年くらい惰性で使ってるからです。

2.はてなブログを始めたきっかけは?

登録前にいくつかのブログサービスを見て利用者層というかユーザーの雰囲気をチェックしましたが、はてなブログはこじらせてる人がいちばん多そうに見えたのではてなブログにしました。ここなら思う存分こじらせることができるし、1人くらいは理解してくれる人がいそうだなあと思いました。

3.自分で書いたお気に入りの1記事はある?あるならどんな記事?

基本的にそのとき気に入った文章しか公開しないので全部気に入ってます。

4.ブログを書きたくなるのはどんなとき?

人間を見たときです。

5.下書きに保存された記事は何記事? あるならどんなテーマの記事?

下書きで残っている記事の断片は定期的に1つの記事にまとめて公開しているのであんまり残ってないです。と言いつつ調べてみたら30くらいありました。もともとこのブログは思考のごみ箱みたいなものなので、ごみ箱の中のごみの中でもそれらはさらにごみです。ごみのエリートですね。

6.自分の記事を読み返すことはある?

ぶっちゃけるとめちゃくちゃ読みます。たぶん私がこのブログのいちばんのファンだと思います。私さんいつも読んでくれてありがとう。

7.好きなはてなブロガーは?

言及されることで気分を害されるといけませんのでユーザー名は伏せますが、今のところ特別いません。わりとみんなすきです。みんなのブログすきです。すきだよ!みんな!

8.はてなブログに一言メッセージを伝えるなら?

非公式グループを一覧表示しろ

9.10年前は何してた?

人間をしていました。

10.この10年を一言でまとめると?

転落としか言いようがありませんね。第一志望の大学に入学したと思ったらいつのまにか週6夜勤フリーターになってました。しかし地の底も存外悪くないものです。空の鳥が地の底で暮らすとなるとさぞかし苦しいのでしょうが、思いのほか苦しくないということは、私は初めから空の鳥ではなかったということです。あの頃、私は自分のことを空の鳥だと思っていました。10年かけて、私は本来在るべき地の底に戻ってきた。ただそれだけのことです。

 

 
 

f:id:shirokuro_044:20211021111714p:plain

大人と大人の延々続く薄々察し合いについての覚書|人が薄々察しているときの「薄々」って具体的にどのくらいの厚みがあるんですかね

すごーい!(無意識)

今日、無意識のうちに人を褒めていてびっくりした。自分で自分にびっくりした。「ここは褒めるポイントだ!褒めよう!」と考えたわけではなく、あたかも相手が興味がない話をしている最中に今日の晩飯のことを考えながら適当な相槌を打つような具合で「へえすごーい!頼もしいですね!」と言っていた。完全に発言し終えてから自分の発言内容を遅れて把握してそれでびっくりした。私は褒めて伸ばす派なので普段からわりと人を褒めまくる方だと思うのだが、「へえすごーい!」はまだしも無意識で「頼もしいですね!」は出てこないじゃろ。私は息を吸うように人を褒めるんだな。下手すると息を吸うより簡単かもしれないな。

 

同じ「1ミリも思ってない」にも正真正銘の0ミリから驚きの100メートルまでとんでもない誤差があるんだよなあ

息を吸うようにと言ったが、決して普段から心にもない褒め言葉を口からダバダバ垂れ流しているわけではないのだ。ちゃんと心にはある。少なくとも意識されている心の部分にはしっかりある。あると思う。だとすれば、意識されていない心の部分になにか別のものがあるのだろうか。「とりあえず褒めときゃなんとかなるやろwww」みたいななにかが。より具体的に言えばほら、よほど屈折した人でもない限り褒められて嬉しくない人はいないだろうし、適当に褒めて事が穏便に運ぶならいくらでも褒めておけばいいじゃないか、減るもんでもなし、みたいな。しかし少なくとも私が意識して言葉を選びながら褒めているときはそんなこと1ミリも思ってないぞ。本当だ。本当か?そんなこと・・・・・ 1ミリも思ってないのなら、どうして今ここでそんなこと・・・・・ をつらつらと書き並べることができるんだ。お前は随分と そんなこと・・・・・ に詳しいように思われるね。それはまるで、「私はりんごなんていう赤くて丸くて甘くてやや酸味があってカリウムや食物繊維を豊富に含み2020年度は県別生産量1位の青森県に463,000トン生産された果物のことなんか1ミリも知りませんよ!」って言っている人みたいだな。

 

う す う す

一体どこからどこまでが私の「すごーい!」なんだろう。どこからどこまでが本物の「すごーい!」で、どこからどこまでが偽物の「すごーい!」なんだろう。その線引きはなかなか難しい。しかし自分でも分かりゃしないもの、他人になんてもっと分かりゃしないでしょ。目の前の相手が今発した「すごーい!」はもしかすると偽物の「すごーい!」なのかもしれない、けれどもそれを疑ったところでどうしようもないのだから、こちらは相手の社交辞令に騙されたふりして喜んであげるというのが大人の対応なのだ。それで、発した側も相手が騙されたふりをしてくれているのを 薄々察しつつも・・・・・・・ その点に関してはなにも言わない。さらに言われた側は発した側が薄々察しつつも・・・・・・・その点に関してなにも言わないようにしていることを薄々察しつつも・・・・・・・なにも言わない。大人と大人の延々続く薄々察し合い。まあこれ以上なにかを追求するのは野暮というものか。

 

ペットの犬や猫は飼い主の様子を見てなにかをはっきり察したような顔をすることがあるけれど人間もあれくらい素直になれればいいのに

人はこうして段々本心と建前の区別がつかなくなって、本心を言うべき相手に建前を使ったり、建前を使うべき相手に本心を言ったりして、段々自身の発言が分からなくなってくる。また言われた側も言われた側で、相手の本心を建前と見做したり、建前を本心と見做したり、以前なら見抜けていたはずの相手の言葉の性質が分からなくなって、もはや薄々察する・・・・・ことができなくなる。薄々察する・・・・・というのは人間独自の才能だと勝手に思っているのだが、どうなんだろう。動物も相手のことを薄々察したり・・・・・・することがあるのかな。察するのではなく。

 

本音で殴ろう

「我々はどこまで本心で振る舞うべきか」ということにいちいち配慮しながら生活しなきゃいけないのは人間に背負わされたハンデだな。そこの配慮が上手い人間もいれば下手くそな人間もいる。そこに関して全人類みんながみんなまったく同じだけの才能を持っていたならば、みんながみんないつも同じ質と量で本心と建前を並べることになって、とても分かりやすいだろうになあ。並べる意味はなくなるけれど。みんながみんな、いつも「ああ、彼は今私を褒めてくれたが、本当はそんなこと1ミリも思っちゃいないに違いない、なぜそうと断定できるかって、かくいう私の方もそういう才能を彼とまったく同じだけ持っているからだ、昨日は私も彼とまったく同じことを別の友人に向かってやったのだ」なーんてことになり、もはや建前は全人類共通の解説不要なものになる。息の吸い方に解説が必要ないのと同じくらい。それならばもう建前は要らない。全人類の共通項は省略したって構わないだろう。そこから本当の殴り合いが始まる。右の本音を殴られたら、左の本音も差し出すフリしてグーで殴ろう。

 

 

f:id:shirokuro_044:20211006111542p:plain

怖いBGMは七難隠す覚書|涼しくなってきたのでいろいろな意味で怖い話します

近況

怖いBGM集を大音量で聴きながら夜道を歩いたら怖かった

 

真夜中に玄関ガンガン叩かれる住民の方がよっぽど恐怖感じてると思う

いやあびっくりした。まさか怖いBGMが怖いとは思わなかった。いつもの通勤路がまるで違って見えた。まだ明かりが点いている民家の間を通っていくことがあんなにおっかないなんて知らなかった。ホラーの定番といえば、なにか得体の知れないものに追いかけられて、逃げているうちに遠くに明かりの点いた民家が見えて、死に物狂いでドアを叩いて助けを求めたら、中から出てきた住人もまた得体の知れないものだった、みたいな。夜道にあって、明かりの点いた民家はホラー感を演出するただのオブジェクトだということを知った。実際、明かりの点いた民家なんてなんの当てにもならないものな。だいいち民家の側にだって警戒する権利くらいある。ハァ、明かりの点いた夜の民家のなんとよそよそしいことか。明かりが点いているからには絶対誰かがそこにいるはずなのに、はなから中に誰もいませんよって言われているみたいで。生きている人間とすれ違って、あんなにほっとしたのも久しぶりだな。生きている人間も、たまには役に立つんだな。

 

問題は仕事中に怖いBGMを聴けないことなんですよね

ひょっとしたらひょっとすると、四六時中怖いBGMを聴いていれば、ついうっかり人恋しくなるのでは?そんなことを歩いている途中で考えた。日頃から「おのれ人間~~~」みたいなスタンスの私でも、四六時中怖いBGMを聴いて四六時中怖い気分になっていれば、生きている人間を見て安心したり癒されたりすることがあるのでは?それが多少難のある連中でも、多少の難が気にならなくなる程度に寛容な気持ちになれるのでは?生きている人間というだけで全てを許せるようになるのでは?なかなか秀逸なアイデアだと思うのだが、どうだろう。そうと決まれば早速怖いBGM収集に取り掛からねば。

 

でもたまに店内BGMから明らかにホラーゲームっぽいサウンドが流れることがあってガラガラの店内で深夜に1人それを聴いているとそこそこ怖いんだけどUSENはいったいなにを考えているんだ

ちなみにそのとき聴いていたのはこれ

サムネが怖いのでプレーヤーを直接貼るのは自重しました。21分頃の警報みたいな音がいちばん怖かった。好きなのは錆びれた機械音のようなやつ。人の声らしきものが入っているBGMはどうしても収録風景(?)が脳裏に浮かんでしまうのであまり怖くない。ああいうのってやっぱり実際の人の声を録ってからそれを加工してるんだろうか。

 

人の口から出る「いちばん」はあまり当てにならない

よく「生きている人間がいちばん怖いよ」という人がいる。生きている人間が怖いことには激しく同意するが、いちばん怖いかどうかは私には分からない。なんせ、生きていない人間に直接出くわしたことがないからね。生きている人間と生きていない人間を比較している人たちは、当然生きていない人間に直接出くわしたんだろうな?心霊写真やホラー映画なんかを見て、生きていない人間についてなにかを知った気になって、それで生きていない人間についての判断をくだしているんじゃあるまいね?そこは実際生きていない人間に直接会ってみてから判断すべきだろう。ウーン。読者の中に生きていない人間の方がいたら教えてください。

 

天才

不仲な2人の間に怖いBGMを流すと関係修復効果があるかもしれない。

 

 

f:id:shirokuro_044:20211014130700p:plain